ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> ボイストレーニング掲示板 >>

結局ミドルとはどうすれば

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

結局ミドルとはどうすれば

1 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/28(日) 02:03:03
http://remivoice.jp/uploader/src/up0939.mp3.html
今までの無理な音域を歌い込み悪いくせがついたので音域を大きく下げました。
以前よりはマシになったと実感は出来るもののこれより上へ行こうとすれば以前と変わらなくなります。つまり、地声で出る範囲しか出ません。また、あくびしながら、歌っているのかとも言われました。
ミドルについて色々試すものの音域だけ出るおかしな声にしかなりません。
結局、ミドルとはどうやって出すものなのでしょう。
2 : 名前:名無し 投稿:14/09/28(日) 07:51:12
僕もそれ疑問ですね。どこまで閉鎖したら地声と同じになるんだろうって思います。でも管理人さんの声聞く限りではどこで変えたがわからないですからサイトので正しいんじゃないですかね?声帯閉鎖の練習だったら裏声でアッアッていうやつがいいですよ。あとハミングもいいですし、エッジボイスやネイネイなんかもいいです。あとはいきとめとかもいいですね。これらの練習で、かなり裏声に芯と声量でてきました。ミドルにちかづいてるんじゃないかと思います。練習の感覚自分なりに教えれると思うので、具体的に知りたい練習があったら教えてください。
3 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/29(月) 04:02:28
喉に負担がかかってないだけで上達しない発声だな
自分の出せる音域を歌えば良くなるなんてことはない
4 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/30(火) 02:15:42
響きを鼻にもっていくんだよ
最初は平べったい声になるけど徐々に太くなるから心配ない
とにかく喉に意識をせず鼻だけに意識を持っていけばいいレベル
鼻に響かせるのイメージとしては猫のンニャーオて鳴きまねをだんだん応用させていく感じ
5 : 名前:名無し 投稿:14/09/30(火) 08:19:10
ミドルできてかんせいてん消せた方に質問です。閉鎖はひたすら強くすればいいのですか?地声の閉鎖をゆるめたらだいぶつながるようになったのですが、閉鎖をつよめるとだめです。これでも裏声の閉鎖わだいぶ強くなりしんも出て声量もでるようになりましたが、どこまで強めればいいのかと思っています。
6 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/30(火) 14:14:52
>>5
鳩尾あたりに力を入れて呼気を強くしたら消えたよ
自分はミドルからヘッドの時だったけど。
自分は天然だから意識したことないけど地声と裏声って声の力強さが全然違うでしょ?だから上にいくほど徐々に鳩尾あたりに力を入れてけば下と上の声の勢い同じようになってかんせいてんがなくなる。

じゃないかな?たぶん
間違ってるかもしんないけどね。
7 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/30(火) 18:09:43
鳩尾かどうかは分からないけど6のは多分腹筋に力入れるのと呼気強めるのとで連動して声門閉鎖が強まったと考える方が良さげ
8 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/30(火) 22:02:52
>>7
あ〜…そうかもしんない
鳩尾っていうのは変だったかな
横隔膜を意識したっていったほうがいいかも

勢いっていう自分の感覚だからまぁ、わかりにくかったら無視しちゃって
9 : 名前:名無しさん 投稿:14/09/30(火) 23:13:01
平べったい声という表現がよく分からないのですが、試したところ、ため息を裏声で出したようなおかしな声が出ました。
明日辺り音源あげます
10 : 名前:名無しさん 投稿:14/10/01(水) 13:49:01
私の意見だが、頭で考えてもごちゃAになるだけかと。
アーティストのモノマネしてミドルの感覚を掴んだほうが早いと思います。
11 : 名前:名無しさん 投稿:14/10/01(水) 14:59:21
>10
みんなが真似して習得出来るならいいけどそうじゃないからな。それに一応どこが動いてるかとか理解しないと、うまくいかない時修正難しくなるし
12 : 名前:名無しさん 投稿:14/10/01(水) 15:34:07
http://remivoice.jp/uploader/src/up0940.mp3.html
たしかこんな声でした
13 : 名前:名無しさん 投稿:14/10/01(水) 22:11:08
そんなもんかな
▲ページの先頭へ戻る

名前 : 投稿キー : 半角で1234と入力 sage
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.