皆様は寝起きにどうやって声の調子を整えますか?ここでは声帯起こすための5つのステップについて書きます。

声帯を起こすための5ステップ

1. 水を飲む
寝起きにまず行う事は、水分補給です。睡眠中は水分を補給できないので、7時間程度水を飲まずに過ごしていることになります。喉が渇いた状態では良い声は出ませんので、水を飲みましょう。

2. 体全体を動かす
寝起きといえどもまだ体の筋肉は眠っているので、まずは体全体を動かして目覚めさせることが大事です。

3. 首周辺のストレッチ
首を伸ばしたり、ぐるぐる回したりすることによって、発声器官近くの筋肉が刺激されます。ついでに、呼吸で使われるお腹の筋肉も伸ばしておきましょう。

4. あくびの真似をして、喉を開く
口の奥のスペースを上下に広げて、こもった声を出してみましょう。ついでに舌を前に出して、ストレッチします。

5. 少しずつ声を出していく。
小声で、低音から高音まで上下させていきます。喉を開いて声を出したり、声帯の閉鎖具合を変えて声を出す事で、声帯はより目覚めます。

これで一通りステップは終わりです。寝起きはなかなか声を出しづらいですが、意図的に動かしてやることで素早く声帯を起こすことができます。

Related posts:

  1. 高音発声においてなぜ喉仏が上がるといけないと言われているのか
  2. ミドルボイス発声でなりがちな志村声の改善
  3. 張り上げたっていいじゃない
  4. 自分のキーに合わせて歌ってみる
  5. メソッドよりも大事なもの
  6. ボイトレしたら話し声も良くなる?
  7. 歌がすぐに上達する人が持っている5つの共通点
  8. 母音を改善して高音域の喉絞めを解消する
  9. 様々な声区論について
  10. 声区の切り替えについて