今まで多くの歌い手さんと触れ合ってきましたが、がすぐに上達する人と、なかなか上達しない人がいます。そしてなんとなくですが、歌の上達が早い人にはある程度の共通点があるように感じます。今回は歌の上達が早い人が持っている共通点を5つ書いてみたいと思います。読む前の注意点として、この記事は管理人の主観に基づいて書いたものであって、統計的なデータに基いているわけではないということを予めお伝えしておきます。

歌の上達が早い人が持っている5つの共通点

  1. 歌うことが何よりも好きである
  2. 気軽に声を出せる場所を確保できている
  3. 器用である
  4. 曲やジャンルの好き嫌いがない
  5. 他人の声真似をするのが好きである

1. 歌うことが何よりも好きである

モチベーションは、練習効率を高めます。好きこそものの上手なれという言葉があるように、歌うことが好きであれば、自然に一日の中で歌に向き合う時間を多く作るようになります。歌に触れる時間が多ければ多い程、歌も早く上達することでしょう。

2. 気軽に声を出せる場所を確保できている

歌を練習しようと思った時に、すぐに声を出せる環境が整っている場合は上達が早いです。特に、実家であったり、部屋に防音室があったりなど、家の中で声を出しても近所迷惑にならないのであれば、それは最高の環境です。それが叶わなくても、家の近くに安いカラオケ店があるなどでも、わりと良い環境だと言えます。

3. 器用である

器用かどうかというのは生まれつきのものもあります。しかし、歌は発声器官の微妙なコントロールにより奏でられますので、器用であればあるほど、高度な発声器官の動きを素早くマスターすることができます。不器用なら、その分は努力と練習時間でカバーです!

4. 曲の好き嫌いがない

曲やジャンルの好き嫌いがなく、色々な歌手の歌声を聴ける人は、その分上達が早いです。色々な歌手の歌い方を聞くことで、上手い人に共通する歌い方や、一人の歌手の個性的な部分がわかるようになります。一人の歌手や、一つのジャンルに偏った音楽しか聴かない場合には、それができません。

5. 他人の声真似をするのが好きである

他人の声真似や物真似をするのが好きな人は、歌も上手い事が多いです。歌唱力を身につける一番の方法は、上手い歌手を真似することです。それが自然にできるのですから、その分上達は早まるはずです。

歌が上手い人って正直羨ましいですよね

私は歌が下手ですし、器用な方でもないため、その分は勉強と努力で補っています。私の友人に一人、ボイストレーニングなど一切したことがないのに、オペラばりの声量、そしてミドルボイスを使いこなし高音域までパワフルに歌いこなす人がいます。その人の歌声を聞いていると、天才っているんだなと素直に思います。とほほ。

Related posts:

  1. 寝起きから声帯を起こすための5ステップ
  2. ビブラートをかけて歌うための練習方法
  3. 裏声での声帯閉鎖を攻略せよ
  4. 母音を改善して高音域の喉絞めを解消する
  5. 喉を開くとはつまりどういうことなのか
  6. 自宅でボイトレする際の防音対策グッズ
  7. 「声質」の読み方
  8. 様々な声区論について
  9. ミドルボイス発声でなりがちな志村声の改善
  10. 歌手の歌い方を真似してみましょう