今回は、様々な声区論について説明したいと思います。

声区(せいく)とは、声のギアみたいなものです。
皆様は地声と裏声の2種類の声を認識しているかと思います。これらは別々の声区となります。地声で高音を出し切れなくなった場合、裏声に切り替えることで更に高い声を出す事ができます。

この声区の考え方ですが、実は様々な意見があります。色々な意見を見るのと同時に、れみぼいすで取り入れている考え方についてもご紹介します。

様々な声区論

ざっと考えてこれだけあります。

  • 1声区論
  • 2声区論
  • 3声区論(1)
  • 3声区論(2)
  • 4声区論

1声区論

地声と裏声は元々一本であるが、分裂してしまうのは発声が未熟だからであるという考え方です。現在では地声と裏声は別々の声帯の使われ方がされているのがわかっており、支持する人はそう多くはありません。

2声区論

これは、人間の声を地声と裏声の2つに分けている考え方です。もっともシンプルで一般の方に親しみやすい考え方かと思います。

3声区論(1)

地声と裏声、そして地声と裏声の間に中声区を加えた3つの声区で構成されております。地声と裏声は別々の声であるが、地声と裏声を繋ぐ役割を果たす中声区を発達させることで一本に繋がるという考え方です。この考え方では、中声区の事をミドルボイス(ミックスボイス)と呼びます。
支持する方が沢山います。

3声区論(2)

裏声を更に2つに分けて、地声、裏声低音域、裏声高音域と分ける考え方です。れみぼいすでは以前こちらの考え方を取り入れておりました。この考え方の場合は、裏声低音域の事をミドルボイス(ミックスボイス)、裏声高音域をヘッドボイスとして扱います。こちらも支持する人が沢山います。

4声区論

地声、裏声に加え、極低音域のボーカルフライ、極高音域のホイッスルボイスを加えた4声区で構成されます。近頃の研究結果では、声帯の使われ方はこの4種類しかないという事がわかっております。声帯の振動パターンの違いから、声区を構成するという合理的な考え方です。れみぼいすでは最近こちらを採用しております。

このように流派によって声区や声自体の定義が変わってきます。声区について話す場合は、その人がどの考え方に基づいて話しているのかをよく考えないと、誤解を生みかねません。

Related posts:

  1. ミドルボイス発声でなりがちな志村声の改善
  2. 母音を改善して高音域の喉絞めを解消する
  3. 裏声での声帯閉鎖を攻略せよ
  4. 歌手の歌い方を真似してみましょう
  5. ミドルボイスは地声?裏声?
  6. 歌がすぐに上達する人が持っている5つの共通点
  7. 寝起きから声帯を起こすための5ステップ
  8. 自宅でボイトレする際の防音対策グッズ
  9. 「声質」の読み方
  10. 音痴の克服方法