ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> コラム >>

» ボイストレーニング関連の記事

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
Check
<< コラムトップに戻る

今回は歌唱技術身に付ける際のコツを書いていきます。

  1. 見本としたい歌手をリストアップする
  2. 見本とした歌手の歌い方を徹底的にマネする
  3. 歌い方を組み合わせてオリジナリティを作る

これらの3つのステップがありますので、それぞれ解説していきます。

続きを読む »


表情筋を意識する事で、歌で感情を伝える事ができます。これができると楽しい曲と真面目なバラードの歌い分けができるようになると思います。今回はそんな感情表現の方法の一つに迫ります。
続きを読む »


2014年1月15日

今回は可愛い作り方について記事を書いていきます。主に女性向け。男性がやっても良いですが面白い事になります笑

可愛い(声)は作れる!

可愛い声というのは結構広い定義なので、3つに分けてみます。それぞれがどういう声なのかを例を交えながら紹介します。

  1. 若くて明るい感じの声
  2. ウィスパーボイス
  3. 鼻にかけたロリ声

1. 若くて明るい感じの声

口を横に開き(ニコっと笑いながら)ダミ声っぽく発声するとこうなります。あどけなさが残って若い印象が出るので、アイドル系の歌手は多用します。喉仏が上がり、絞まります。声が明るくなります。

ももいろクローバーZ – GOUNN

続きを読む »


今回は、声区融合について知っておきたい事を解説していきます。

声区融合とは

声区融合とは、地声と裏声の差をなくし、あたかも一本の声にしたような状態を指します。現代のボイストレーニングにおいて、発声の基礎固めとして目指す目標といったところでもあります。

声区融合をすることで、地声と裏声が同じような声になるため、地声と裏声を切り替えても違和感なく歌う事ができます。

ではどうやってそのようなものにしていくのでしょうか。過程を見てみましょう。

声区融合までの道のり

本来の発声器官は、声区融合をするためにできているわけではありません。

1.
seiku1

上の図は、発声初期の状態です。まず地声に関しては、張り上げられる分声量が増すのに対し、裏声はファルセット(息漏れした裏声)になっている事が多く、なかなか声量が出ません。おかげで地声高音と裏声低音に音量のギャップが生じます。

続きを読む »


鼻声というのは、聴いていて違和感を覚える声の一つとされています。しかし、意外と多くの方が知らないうちに鼻声になっているのも事実です。

今回は鼻声かどうかを調べ、それを直す方法を書いていきます。

鼻声とは

まず一度、鼻声というのはどういう状態なのかを説明しておきます。
鼻声といっても、実は2パターンあります。

  • すべての言葉で鼻にかかった声(nasal)
  • すべての言葉で鼻がつまった声(denasal)

ここでは「すべての言葉で」というのがポイントです。日本語には、鼻にかけて発音する子音と、かけないで発音する子音があります。この区別が曖昧だと、鼻声になってしまうというわけです。英語では、すべての言葉が鼻にかかっていることを「nasal」と言います。逆に鼻が詰まっていることを「denasal」と言います。

続きを読む »


最近の投稿
最近のコメント

Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.