ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

歌唱力の高め方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

歌唱力の高め方

歌唱技術を高める上で一番の教科書になるのがプロの歌唱です。 様々なプロの歌唱を分析して、良い所、悪いところ、癖などを吸収していく事で、聴き手にとって上手く聞こえる歌い方が身についてきます。 その一連のプロセスを明確にしたものとして、「守破離」があります。

守破離


日本には守破離という言葉があります。まず師の教えを忠実に守る事から修行は始まり(守)、基本の型と自分を照らしあわせてより良い型を作り(破)、 そこから更に卓越し、型というものから離れ自由になる(離)という教えです。

これを歌に当てはめると、まずプロの歌唱をよく分析し、何から何まで忠実に真似る事から歌唱技術の練習は始まります(守)。 そこから、自分自身の性格や癖などと照らしあわせて、より自分らしく、良いと思われる歌い方を磨いていきます(破)。 最終的には歌い方という枠そのものから離れて、曲調や雰囲気に合わせて自由自在に歌唱表現できるようにしていきます(離)。

真似できるものとそうでないもの

プロの歌手と自分の歌を比べる際には、自分が真似できる部分とできない部分を知っておく必要があります。

真似できるところ:

  • 声作り(喉の開き具合、声帯の閉じ具合、口の開き具合など)
  • 音程・リズムの正確性
  • 表情付け・抑揚
  • 立ち振る舞い方、パフォーマンス

真似できないところ:

  • 元々の声の高さ、元々の声質そのもの

真似できるところは、声作り、歌い方や表情付けなどの部分です。 そして、真似できない部分は声そのもの(声質、高さなど)です。

目標としているアーティストがいる場合に勘違いしやすい部分ですが、「元々の声の高さ」、「声そのものの音色」だけは個人差があるため、どう頑張っても真似できません。 男性はどう頑張っても女性の声を出す事はできませんし、逆もまたしかりです。 同性であっても、元々の声が低めの人から高めの人までピンきりなので、そこだけはどうしても真似できません。

また、声作りと声質は若干違います。声作りとは、泣いた声、可愛い声、深みのある声、息漏れした声など、 発声に関わる筋肉を微調整することで作られる声を指します。 アーティストのモノマネをする際には、筋肉の調整次第で、他人であってもその人のような歌い方をすることができます。

ものまねがゴールにならないようにする

歌唱技術を高めるためには、最初はアーティストの歌い方を真似ていく事が重要になります。 しかし、完璧に真似ることができるようになったとして、そこが歌唱練習のゴールではありません。

そこからは守破離の破の段階、すなわち自分なりの歌い方を追求していく段階に入らなくてはなりません。 ものまねができると「似てる!」と評価される事があるかもしれませんが、それはあなた自身の個性を出した歌を評価してもらっているわけではないのです。

まとめ

1. 歌唱力を向上させる指針として、「守破離」を意識してみましょう。

2. プロの歌手を真似る上で、どこが真似できることで、どこが真似できないかを知っておきましょう。

3. 真似が歌唱練習のゴール地点ではない事を知っておきましょう。 真似ができるようになったら、今度は自分なりの歌い方を追求する段階に入ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 効果的な歌の練習方法
■次の記事: スランプからの脱出方法


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.