ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

正しいマイクの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

正しいマイクの使い方

マイクの使い方で声が変わる

マイクはボーカルが声を機材に入力するための装置ですが、使い方次第で声の入り方が変わります。 ここではマイクの特徴をおさらいし、正しい声の入力方法を説明していきます。

マイクの指向性

まずはマイクの指向性について説明します。 指向性とは、簡単に言うとマイクが音を集めやすい方向があるかないかです。 単純に分けると、

  • 単一指向性マイク
  • 無指向性マイク

があります。

単一指向性マイクは、正面からの音をよく拾いますが、他方から来る音はあまり拾いません。 カラオケやライブ等でよく使われ、歌が大好きな皆様にとっては、一番馴染みのあるマイクになります。

無指向性マイクは、全方向からの音を均等に拾います。 主にインタビューや会議等で、周囲の音をすべて拾いたい場合に使われるマイクです。

ライブやカラオケでは、マイクが周囲の音を拾ってしまう事を極力避けなければなりません。 もしマイクが無指向性で、ボーカルに関係のない音を沢山拾ってしまうと、 その音がまたスピーカーに流れてしまい、それをマイクが拾い…と繰り返されていき、 キーンという音が鳴る、ハウリングという現象が起きやすくなります。 そうならないためにも、ボーカルがライブで使うマイクは単一指向性マイクになります。

マイクを持つ角度

方向

単一指向性マイクを扱う場合、音は一方向からしか拾わないので、真っ直ぐに声を向けなければなりません。

マイクを真っ直ぐ向けます

よくマイクを斜めの角度にして持ったり、アナウンサーのように上に向ける人がいますが、 単一指向性マイクでこれをやってしまうと、全然声が入らなくなります。

マイクを上に向けた場合斜めに向けた場合

このように持った場合は、全然声が入らなくなりますので注意しましょう。

マイクの持ち方

マイクを握る場所

1. マイクの先っぽは絶対に握らないようにしましょう

先っぽのグリルの部分を握ってしまうと、音がこもり、ハウリングを起こしやすくなります。 入力される声の音質も悪くなります。この部分は絶対に握らないようにしましょう! シビアに言うと軽く指をかけるのも本当はアウトです。

テレビを見るとプロでもよくグリルの部分を握って歌っている方がいらっしゃいますが、これはプロの裏方さんがちゃんと対処しているからこそできる芸当です。 特にカラオケなど、PAが付かない場合は絶対に真似してはいけません。

2. ワイヤレスマイクの場合、しっぽの部分を握らないようにしましょう

最近のカラオケには無線で飛ばすワイヤレスマイクが増えてきました。 ワイヤレスマイクの場合は、しっぽの部分が電波を送信する部分になります。 そこを握ってしまうと、声が入らなくなったり、シューっという音が入るので避けましょう。 無難に真ん中のあたりを持つのが良いです。

マイクと口の距離

1. マイクと口の距離が離れるにつれ、入力される信号が減ります

ダイナミックマイクの場合、マイクを口に近づければ近づける程、より声を拾うようになりますし、マイクを離せば離す程、声を拾わなくなります。 バンド演奏時など、周りのノイズが多い場合はマイクを近づけて声を拾うようにします。 カラオケの場合はあまり近づけ過ぎると近接効果(後述)という弊害が起きるので注意です。

マイクと口を近づけすぎた場合は、息が直接マイクにあたり、マイクを吹いて「ボンボン」という音を出してしまう可能性が出てきます。 「吹かれ」とか、「ポップノイズ」と言います。歌唱時にあまりにもボンボンと音がする場合は、破裂音を控えめに出すか、マイクを少し離しましょう。 どうしてもマイクを近づけないといけない場合は、ウィンドスクリーン(マイクの先に付けるスポンジっぽいカバー)を付けると軽減されます。 レコーディング時には、ポップガードという付属品を付ける事でポップノイズが軽減されます。

2. マイクを近づけると、低音が増します(近接効果)

ボーカルが使う単一指向性マイクの場合、マイクを近づければ近づける程、低音が増幅されます。 これにより、いかにも「マイクを通しました」という感じが出る音になってしまいます。

PAが付く場合、通常はイコライザーという装置で低音部をカットしてやれば大丈夫なのですが、残念ながらカラオケにはそのような装置はありません。 そして最大の問題点は、この低音部が入らないと、マイクに声が入っていないと勘違いしてしまいがちな事にあります。

カラオケでのマイクの使い方

カラオケには本当に簡易的なPAシステムしかありません。 その中で最高の声を入力するには、以下の事を守ってください。

  1. グリル部を握らない、無線マイクの場合はしっぽを握らない
  2. マイクと口の距離を5センチ程離す
  3. バックの音と声のバランスを常に考える

1. グリル部を握らない、無線マイクの場合はしっぽを握らない

先述した通り、PAシステムの無いカラオケでこれをやるのは愚の骨頂です。絶対にやめましょう。

2. マイクと口の距離を5センチ程離す

近接効果が出るのを防ぎます。その分マイク音量を上げます。 BGMが大きい場合はハウリングが起きるリスクが高まりますので、その場合はマイクを近づけてマイク音量を下げます。

複数人で行く場合は、マイクの使い方に慣れていない人もでてきます。 特にグリルを握る人がいる場合は、細々と説明するよりも妥協しましょう! グリルを握る人に合わせて音量を調整してやります。

3. バックの音と声のバランスを常に考える

声がBGMと上手く馴染んでいるかをよく聞いて音量調整しましょう。 思いっきり強く張り上げた際に声が少し前に出るくらいの音量がベストです。 エコーをかけると、少ないマイク音量でもボーカルが埋もれにくくなります。 近接効果により生まれる低音がないと、声が入力されていないと錯覚してしまいがちですので、注意してください。

マイクを扱う際の注意点

マイクを扱う際には、いくつか注意点があります。

  1. マイクをコンコン叩かない/マイクを吹かない
  2. マイクをスピーカーに向けない
  3. マイクをスピーカーに近づかない

1. マイクをコンコン叩かない/マイクを吹かない

マイクをコンコン叩くと、振動がマイクに直に伝わり、非常に大きな低音が出て、最悪の場合アンプやスピーカーを壊してしまう恐れがあります。 また、マイクをフーッと吹いても同様に大きな音が出てしまい、機材にはあまり良くないです。 マイクのテストをする際になんとなく叩きたくなりますが、絶対にやめましょう。

2. マイクをスピーカーに向けない

マイクをスピーカーに向けると、スピーカーの音をマイクが拾ってしまい、 それがまたスピーカーから流れ、マイクが拾い…の連鎖になり、ハウリングが起きやすくなります。

3. マイクをスピーカーに近づかない

上記と同じで、スピーカーに近づけば近づく程、スピーカーの音を拾いやすくなり、ハウリングの元となります。 スピーカーからは出来るだけ離れる方が良いです。

以上でマイクに関する解説はすべて終わりです。マイク一つで声が変わりますので、参考にしていただければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■ 前の記事: オーバーシンギングについて
■ 次の記事: 声質の変化


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.