ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

スタッカートをつけて歌う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

スタッカートをつけて歌う

スタッカートは、音を細かく切るという意味です。
初音ミクが簡単な「ドミレド」の音で、スタッカートをつけて歌う例を見せてくれました。

普通に歌った場合:

http://www.youtube.com/watch?v=AveY_JKdayk

スタッカートをつけて歌った場合:

http://www.youtube.com/watch?v=xJHMcEkMWn8

スタッカートをつけた場合は、ピアノの音と上手く合わさって、よりリズム感が生まれました。
この「周りの音と調和する事」はとても大事な事です。
なぜならほとんどの曲はボーカル一本で
作られているものではないからです。
他のパートをよく聴いて、それに合わせて技法を使う事で、
パート全体でより一体感のある生まれる音楽を目指してみてください。

スタッカートをつけて歌う上での注意点は、
細かく切った時に息の強さがぶれかねないという事です。
スタッカートと一緒にアクセントをつける場合は別ですが、
スタッカートのみをつける場合は、息の強さを一定にする事を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ビブラートのかけ時
■次の記事: メロディのアレンジ


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.