ボイストレーニングの事なられみぼいす
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ビブラートの練習

それでは早速、ビブラート練習に入っていきたいと思います。
使用するのはロングトーンです(参考: ロングトーンの練習)。

見本:

http://www.youtube.com/watch?v=c6iLaTm4hwg

まずロングトーンで伸ばした状態から、「↑↓↑↓↑↓」と揺らぎを加えてみます。
母音はなんでも良いのですが、迷ったら「ウ」でやってみましょう。
初めはゆっくり、息で押すのと同時に音を上げるという感じで補助を付けて練習します。

練習に慣れたら、少しずつ速くしていってみます。
お腹でしっかりとプッシュしてやってみます。
これに慣れたら、少しずつ息でプッシュする補助をなくしていき、
最終的に息を一定にしたまま揺らぎを加えられるようにします。

音源に合わせて練習してみましょう。5に行くにつれ速くなっていきます。

ビブラート練習動画1:

http://www.youtube.com/watch?v=_hN8D6Gls3I

ビブラート練習2:

http://www.youtube.com/watch?v=GSBUv9sK0KM

ビブラート練習3:

http://www.youtube.com/watch?v=hx7JAGvvS8o

ビブラート練習4:

http://www.youtube.com/watch?v=EqkDdtVpri4

ビブラート練習5:

http://www.youtube.com/watch?v=AHuJJOKd-R8

しばらく練習していると、喉の筋肉がビブラートの動きを覚えますし、
ビブラートをするための筋肉もついてきます。
5がきちんとできるようになる頃にはビブラートはかけられるようになっているはずです。

ある程度できるようになったら、ロングトーンで音を出し、ビブラートをかける練習に入ります。
声に馴染むように、振幅の幅やスピードを調節してみましょう。

練習音源のダウンロード(zip形式)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ビブラートの見本
■次の記事: ビブラートのかけ時


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.