ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

腹式呼吸の練習

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

腹式呼吸の練習

腹式呼吸の仕方

早速腹式呼吸仕方を覚えましょう。

まず猫背ではいけませんので、背筋をしっかり伸ばします。 次に肩の力を抜いてリラックスします。 立った状態でも座った状態でも構いません。 この状態で、口で息をゆっくりフーっと最後まで吐いていきましょう。 すると、だんだんお腹が凹んでいき、緊張していきます。 ここで緊張した筋肉こそが腹式呼吸で使われるものであり、鍛えるべき筋肉です。

注意点として、息を吐き始める前に息を吸いすぎないようにしましょう。 あくまで楽にした状態から、息を吐ききることに焦点を当てて行います。

腹式呼吸の練習方法

腹式呼吸の練習をしていきましょう。 ここでは息を吐ききることを意識して練習してみてください。 息を吸いすぎる必要は全くありません。

最初は息のみを使って練習しますが、最終的には声を出して練習するのが良いです。

息のみを使った練習

1. まず、背筋を伸ばします。 人差し指を立てて口の近くに当て、弱く長く息を最後まで吐き切ります。 お腹の緊張を確認します。 吐き切った段階でお腹を緊張させたまま5秒間停止します。 お腹を楽にして息を吸います。 このセットを繰り返します。

2. まず、背筋を伸ばします。 人差し指を立てて、腕を真っ直ぐ伸ばして遠くに置きます。 人差し指をロウソクの火に見立てて、口をつぼめて思いっきり息を吹きます。 この際、お腹をグッと強く緊張させます。 この練習は、息を最後まで吐ききる必要はありません。お腹の瞬発力を高める事に重点を置きましょう。

声を出した練習

腹式呼吸にある程度慣れたら、実際に声を出して練習していきます。 腹式呼吸には、ロングトーンの練習が適しております。

どの音程でも構いませんので、お腹の緊張を意識しつつ、同じ息の強さで最後まで吐いていきます。 息を吐ききるあたりで息がぶれがちになりますが、最後まで一定の強さで吐ききれるように練習しましょう。 吐ききれなくなったら、お腹を緊張させた状態でしばらくキープするとより効果的です。

慣れてきたら、小声から大声への移行、大声から小声への移行、小声から急に大声を出す練習などをしてみましょう。

腹式呼吸の練習まとめ

1. 腹式呼吸を身につけることで、お腹で支える事ができるようになりますし、息の送り出しが安定します。 呼吸法には、胸式呼吸と腹式呼吸があります。歌では、長いフレーズをブレスなしで歌う事が多いため、必然的に腹式呼吸になります。

2. 腹式呼吸を巡っては様々な誤解があります。 「高音はお腹から出せ」という考え方は、考え方を一歩間違えれば非常に危険なものになります。 「息が続かない」「声が小さい」などの問題点に対しては、腹式呼吸で効果も出ますが、先に声帯の閉じ具合を見直してみましょう。 腹式呼吸は息をコントロールするためのものであって、ビブラートには全く影響しません。

3. 腹式呼吸の仕方として、口で息をフーっと最後まで吐いていくことで、お腹の緊張を確認します。 お腹の緊張を解くと、自動的に息が吸われます。 この際、息を吐き始める前に息を吸いすぎないようにしましょう。 息を吐ききる事に焦点を当てて練習します。

4. 腹式呼吸は、最初は息のみ、それができたら実際に声を出して練習してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 腹式呼吸に関する誤解
■次の記事: 滑舌の練習


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2013 れみぼいす All Rights Reserved.