ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

チェストボイス(地声)の練習

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

チェストボイスの練習

チェストボイスの練習方法

早速チェストボイス練習していきましょう。 前ページで説明した通り、発声の際に軟口蓋を上げ、喉仏を下げる意識をします。 この動作は「あくび」に近いため、あくびの練習をしてみましょう。


http://www.youtube.com/watch?v=K3TKaRwofxg

喉仏に手を当てて、なるべく上がらないように確認しながら練習します。 喉の奥が上下に引っ張られ、ブワッと広がったような感覚を覚えればしめたものです。 この喉の形を覚えましょう。

あくびの声のまま「マママ」「モモモ」「バッバッバッ」「ボッボッボッ」「ガッガッガッ」「ゴッゴッゴッ」の音を出します。

見本では、「マママ」、「バッバッバッ」、「ゴッゴッゴッ」の音を出しております。 ガ行の音では、喉仏が動くのが確認できるかと思います。

くれぐれも、以下の見本のようにはならないようにしましょう。

これは喉絞め発声です。あくび声を忘れないようにしましょう。

できたら、喉仏を一定の一に保ちながら、少しずつ声を高くして練習してみます。

チェストボイス高音を出すためのコツ

チェストボイス高音になるにつれ、声量が上がらないように注意しましょう。 無理矢理お腹を使って高音を出す発声は、「張り上げ」と呼ばれます。 チェストボイスの張り上げが癖になってしまうと、ヘッドボイスやミドルボイスに上手く繋げるのが難しくなります。 チェストボイス低音から高音まで、声量を一定にして練習するようにしましょう。

声量を一定にする方法としては、リップロールの練習がおすすめです。

また、基礎を固める今の段階では、チェストボイスであまりにも高い音は出さないようにしましょう。 高い音は裏声に切り替える癖を付けておきます。 これは必ず守ってください。

裏声は最初は弱いかもしれませんが、鍛えていけば必ず強くなります。 目指すところはミドルボイスの習得です。 どうしても高音はチェストボイスを張り上げて歌いたくなるかと思いますが、 今後のためにもぐっとこらえましょう。

チェストボイス(地声)の練習まとめ

1. 地声の発声のことを、専門的にはチェストボイスと言います。 歌で最もよく使われる声であり、最も重要な声です。

2. 良いチェストボイスを出すためには、「喉絞め発声」と呼ばれる悪い発声を直す必要があります。 喉絞め発声は、高音で喉仏が上がり、苦しそうな声に聞こえる状態です。 こちらは、喉を開くことで改善できます。喉を開けばチェストボイス高音でも喉仏の位置が一定に保たれ、伸びやかに聞こえるようになります。

3. 喉を開く練習方法として、あくびのような声の練習が適しております。 あくびの真似をすると、喉の奥が上下に引っ張られ、広がった感覚がします。 この状態のまま、「マママ」「モモモ」「バッバッバッ」「ボッボッボッ」「ガッガッガッ」「ゴッゴッゴッ」の音で練習していきます。 喉仏を下げたまま行うのがコツです。できたら、少しずつ声を高くして練習していきます。

4. チェストボイス張り上げに注意しましょう。張り上げ癖が付いてしまうと、ミドルボイスに繋げるのが難しくなってしまいます。 基礎を固める段階では、無理にチェストボイスを引っ張ろうとせず、裏声に切り替える癖を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: チェストボイスについて
■次の記事: ヘッドボイスについて


▲ページの先頭へ戻る

はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.