ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

声帯を閉じる練習

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

声帯を閉じる練習

声帯を閉じて、振動する声を身につけましょう

良いチェストボイスのポイント二つ目は、声帯を閉じることです。 こちらも同様に、チェストボイスのみではなく、この先ヘッドボイス、ミドルボイスを習得するにあたっても重要な要素でもあります。 すべての発声の基本です。


http://youtu.be/RzhYOCvcYmU

この見本では、最初は息漏れ声、次は声帯を閉鎖した声になっています。 息漏れした声とは、声帯の閉鎖が不十分で、息が抜けてしまっている声です。 この声は弱々しく声量が出なく、息がすぐになくなってしまいます。 発声するとスーッと音がするのが特徴です。

息漏れ声は、実戦の歌では感情的な表現をする際に使うのですが、 基礎の発声を作る段階では、正しく声帯を閉鎖した、力強い声を出せるように練習しましょう。 最終的には声帯の閉鎖具合を自在にコントロールできるようになり、様々な声質を出せるようになるまでもっていきます。

声帯を閉鎖するための練習

口を大きく開いて「アー」


http://youtu.be/CNCEPYgITQI

口を大きく横に開いて「アー」と言ってみましょう。 「エ」に近い「ア」を発声する感じです。 この声は声帯が閉鎖されるので、弱い息でも非常に強く振動するものになります。

声帯が上手く閉鎖されると、ジーンという振動音が聴こえ、声帯が振動してビリビリする感じを得ます。 息漏れした「スー」という音と、しっかり閉鎖した「ジーン」という音を区別できるようにしましょう。 発声の基礎固めとしては、ジーンという音を意図的に出せるようにしていきます。

息を止める練習

どうしても声が息漏れする場合は、アーと発声しながら、喉で息を止めてみましょう。 息が止まる=声帯が完全に閉鎖し、息の通り道が塞がれるという事なので、息が止まる手前には、声帯がきちんと合わさった強い「ア」の音が出るということになります。 ジーンという振動音が聞こえる声が見つかれば成功で、その場所を毎回狙って出せるようにします。

ボーカルフライの練習

ボーカルフライの記事を参照に練習してみてください。 ボーカルフライは、声帯閉鎖の練習に役立ちます。逆にこれが出せないと、声帯が上手く合わせられない証拠です。 もう一度上記の練習法をこなしてみましょう。


http://youtu.be/zYdwm_NPp0k

慣れたら、このようにボーカルフライから閉鎖したチェストボイスを出す練習も良いです。

声帯を閉じたまま喉を開く練習

声帯を閉鎖した「ジーン」とした声を出したまま、少しずつ喉を開いて声をこもらせてみましょう。 喉を開いていくとオペラのような声になりますが、これが発声の土台になります。

この喉のポジションを保ったまま、オー↑と高音までお腹を使ってしっかり押し出していきます。 どのような歌でもこれができるようになれば、チェストボイスの基礎が付いたことになります。 ※過度の高音域へのトライは声帯に負荷がかかるので、注意して練習してください。

これができるようになったら、今度は喉を絞めた状態、喉を真ん中の位置に合わせた状態、喉を開いた状態+ 声を息漏れさせた状態、普通の発声の状態、声を過度に詰まらせた状態と、別々に区別して発声できるように練習していきましょう。

チェストボイス(地声)の練習まとめ

1. 地声の発声のことを、専門的にはチェストボイスと言います。 歌で最もよく使われる声であり、最も重要な声です。

2. 良いチェストボイスを出すためには、喉を開き、声帯を閉じる必要があります。喉絞め発声は、高音で喉仏が上がり、苦しそうな声に聞こえる状態です。 こちらは、喉を開くことで改善できます。また、息漏れ声とは、声帯の閉鎖が弱く、弱々しく息漏れした声のことです。 こちらは、声帯を閉じることで改善できます。

3. チェストボイスの練習は、この先のヘッドボイス、ミドルボイスを習得するための基礎作りに役立ちます。しっかりと練習して、基礎を固めていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 喉を開く練習
■次の記事: ヘッドボイスについて


▲ページの先頭へ戻る

はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.