ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

輪状咽頭筋を鍛える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

輪状咽頭筋を鍛える

輪状咽頭筋の働き

図の、Cの方へ引っ張る筋肉が輪状咽頭筋です。

この筋肉は歌において非常に重要な筋肉です。 しかし、普段の会話においてもあまり機能しないため、意識して動かす必要がある筋肉でもあります。

輪状咽頭筋を鍛える

この筋肉に関しては、声を当てる練習が効果的です。

口を閉じた「ンー」の発声で、うなじ方向に向かって声を出すイメージで声を出します。 よくわからなければ、一度頭の上に向かって引っ張るイメージで@とBを働かせ、少しずつ後頭部、うなじへと降ろしていってみましょう。

外喉頭筋まとめ

外喉頭筋は、喉頭の周りに存在する筋群で、これらが喉頭を上に引っ張ったり下に引っ張ったりします。 外喉頭筋を正しく使うことで、喉絞め発声の改善や、声質を自由に変えられるようになります。

それぞれの筋肉を動かすためには、声を当てる練習が効果的です。 しかしこの練習はイメージに頼る部分が多く、とても曖昧なトレーニングになりやすいという欠点もあります。 練習時の注意点として、必ずすべての外喉頭筋をまんべんなく鍛えていくようにしましょう。
筋肉の強さにムラがあると、発声器官としてうまく機能しなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 口蓋喉頭筋、茎状咽頭筋を鍛える
■次の記事: 内喉頭筋について


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.