ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

交錯筋のコントロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

交錯筋のコントロール

交錯筋の働き

図のBの筋肉で、声帯の隙間を閉じる働きを持ちます。 前ページで解説した横筋が働くと、声帯はほぼ閉鎖されますが、真ん中に若干の隙間が生じます。 交錯筋が働くと、真ん中の部分が閉じて、完全に閉鎖された状態になります。 また、交錯筋を働かせすぎると、詰まったような声になり、さらに働かせると息が完全に止まります。

ここでは、「息漏れ声」と「話し声」の区別ができることを前提に進めていきます。

2声区での練習

前ページと同じように、地声と裏声でそれぞれ練習してみましょう。

地声での閉鎖


http://www.youtube.com/watch?v=QnGFkTyfUFw

「話し声」からさらに閉鎖し、あえて「詰まった声」を出してみます。 できたら「詰まった声」から「話し声」にも移行してみましょう。

裏声での閉鎖


http://www.youtube.com/watch?v=QnGFkTyfUFw

裏声で同じようにやってみます。 この閉鎖の動きは、ミドルボイスの発声に必須です。

交錯筋が上手く働かない場合

動かせるようになるまでどうしても時間がかかります。 声帯も痛めやすいので、少しずつ練習してください。

練習にボーカルフライも効きます。 ボーカルフライから更に絞めるように発声すると、ブツブツという音がかなり強く聞こえるようになります。


http://www.youtube.com/watch?v=c_RMTynibO8

裏声で詰まった声が出せない場合は、一度地声で詰まった声を出し、 そのまま裏声まで音程を上げてみましょう。


http://www.youtube.com/watch?v=-fD6jg2oIEs

3段階の閉鎖

「息のみ」、「息が止まる」を除き、3段階の閉鎖を繋げたデモを用意しました。 参考にしていただければと思います。

地声


http://www.youtube.com/watch?v=frIqC64qDRk

裏声


http://www.youtube.com/watch?v=3VELAaLTgsI

すべて発声できれば閉鎖筋は自由にコントロールできるようになっているはずです。 「内喉頭筋」と「外喉頭筋」の調整で様々な声を出せるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 横筋のコントロール
■次の記事:


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.