ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

ボーカルフライ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ボーカルフライ

ボーカルフライとは


http://www.youtube.com/watch?v=V9b5z2d2QVE

ボーカルフライとは、極低音域で声帯をブツブツと振動させた声です。 日本語では「ボーカルフライ」というよりは「エッジボイス」という呼び方の方が浸透しているようです。 れみぼいすでは、世界基準に合わせ、ボーカルフライと呼ぶことにします。 ボーカルフライを出してみることで、発声器官の脱力や、声帯閉鎖の感覚を掴むことができます。

ウォーミングアップにも適しておりますので、歌う前に軽く出しておくと良いです。

ボーカルフライの出し方

声を出しながら音を低くしていきます。 これ以上下げられないという場所まで行くと、「ブツブツ」という声帯の振動音がします。

ボーカルフライが出せない方は、声帯の閉鎖筋が弱い可能性があります。以下の手順を踏んで練習してみてください。

  • まず息を止めます。息を止めると、声帯は完全に閉鎖します。
  • 息を止めたまま、「アッアッアッ」と切りながら出すと、非常に強く響いた声が出ることがあります。
  • 響いた声を見つけたら、これを確実に狙って出せるように練習します。
  • 閉鎖を保ったまま声を低くしていくと、ボーカルフライになります。

ボーカルフライに慣れたら、大きな音のブツブツを出せるように練習してみましょう。 息の量を増やすのではなく、声帯を閉鎖することで、1粒の音が大きな音になります。

また、1粒1粒をゆっくり出せるように練習してみましょう。 これも声帯を閉鎖することで可能になります。 これをするには、非常に繊細なコントロールが必要です。

まとめ

ボーカルフライとは、低音域で声帯を振動させた声です。 発声器官の脱力や、声帯閉鎖の感覚を掴むのに使えます。

簡単に出せるので、ウォーミングアップにも適しています。

▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.