ヘッドボイスが出せるようになったら、今度は喉が絞まりやすい母音に重点を置いて練習してみましょう。

 

「イ」と「ウ」の母音は、舌が上がりやすく、喉が絞まりやすくなります。 喉を開いたまま(喉仏を下げたまま)これらの母音を発声できるように練習していきましょう。舌の根本(舌根)を意識して下げるようにすると良いです。

喉が開けていると、声がこもります。これを目印にして練習しましょう。母音も変わらないように注意しつつ練習してみてください。

次はヘッドボイスで、「ウィウィウィ」「ミミミ」「ムムム」「ギギギ」「グググ」で発声します。

いかに口の形を変えようが、喉の開きを維持しましょう。

見本では、すべての音を通して発声しております。

これらはすべて喉を開きを維持しながら行うため、だんだん喉を開く筋肉が疲れてきます。やりすぎると喉が筋肉痛になることもあります。

声が枯れた場合はすぐに練習をやめて休みましょう。