ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

ヘッドボイスの練習

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ヘッドボイスの練習

ヘッドボイスの練習方法

ヘッドボイスが出せるようになったら、更に上手く発声できるように練習していきます。

ヘッドボイスで、「マイマイマイマウマウマウマー」、「モイモイモイモウモウモウモー」 「ガイガイガイガウガウガウガー」「ゴイゴイゴイゴウゴウゴウゴー」と練習します。

見本では、すべての音を通して発声しております。 「イ」の母音でも、同じように喉を開いたまま発声してみましょう。

次に、喉が絞まりやすい母音でヘッドボイスを出してみましょう。 難易度が高くなります。


「イ」と「ウ」の母音は、口を狭くつぼめるので、その分喉が絞まりやすくなります。 喉を開いたままこれらの母音を発声できるように癖を付けていきましょう。

「イ」と「ウ」で喉を絞めないようにするために、母音を少しいじる方法もあります。具体的には「イ」を「エ」に近いものにし、「ウ」は「オ」に近いものにします。 これをやると楽に発声はできるようになりますが、さじ加減が非常に難しく、やりすぎると滑舌がおかしいと思われてしまいます。 基本は口の形は変えないまま、喉だけ開いて発声です。

ヘッドボイスで、「ウィウィウィ」「ミミミ」「ムムム」「ギギギ」「グググ」で発声します。 いかに口の形を変えようが、喉の開きを維持しましょう。

見本では、すべての音を通して発声しております。

これらの練習をしているとだんだん喉が疲れてきますが、これは喉の筋肉が鍛えられている証拠です。 喉が筋肉痛になることもあります。 練習を続けることで、必ず喉は強くなります。ただし声が枯れた場合はすぐに練習をやめて休みましょう。

ヘッドボイスの練習まとめ

1. ヘッドボイスは、裏声の出し方の1つで、クラシックや声楽などでソプラノ歌手が多用する発声です。 ふくらみがあり、優しく響くのが特徴です。

2. ヘッドボイスは、息漏れさせず、喉を開いた裏声です。 裏声が息漏れしてしまうと、ファルセットと呼ばれる発声になります。 ファルセットは、スーっという、息が漏れたような音がして、息も長く続きません。 ファルセットとヘッドボイスを区別できるようにしましょう。

3. ヘッドボイスの出し方としては、裏声で喉を開いてみることから掴みます。 息漏れしてしまう場合は、声帯の開け閉めを上手く調節してみましょう。

4. ヘッドボイス発声のコツとしては、とにかく喉を開く意識をすることです。 喉の中に空洞を作る感覚で、声を共鳴させながら、柔らかく出します。

5. ヘッドボイスの発声ができるようになったら、母音を変えても喉を開いた状態を保つ練習します。 それができれば、喉が絞まりやすい「イ」「ウ」の母音を使って、「ウィウィウィ」「ミミミ」「ムムム」「ギギギ」「グググ」で発声します。 これらでも、喉を開きながらこれらが発声できるように練習していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ヘッドボイスの出し方
■次の記事: ミドルボイスについて


▲ページの先頭へ戻る

はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.