ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

内喉頭筋について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

内喉頭筋について

内喉頭筋とは

内喉頭筋(ないこうとうきん)とは、声帯の周りに存在する筋群のことです。
主にピッチの調整、声帯の閉鎖を調整する機能を果たします。

声帯について


図は片側の声帯の断面図です。
声帯の先には粘膜があり、その内側に、声帯靱帯、声唇があります。 声帯をどう使うかによって、地声や裏声などの音色が変わります。

例えば地声は、声唇が振動した強い声です。 そして裏声は、声を高くするにつれ声帯靱帯がピンと張られ、その先の粘膜のみが振動した声です。 両者は声帯の使われ方が違います。

息が声になる原理

  1. 息が、閉じられた声帯の隙間を通ります。
  2. 声帯が細かく振動します。
  3. 息が細かく、断続的に途切れ、声になります。

2の段階では、声帯を閉じれば閉じるほど、息がより声(音)に変換されます。 声帯の閉鎖が弱いと、息が声帯の間を抜けてしまい、あまり声に変換されません。 この状態は、息漏れした声と呼ばれます。 実戦の歌では、あえて息漏れした声を出して、繊細さを表現することもあります。

そして声帯の閉鎖を強めると、息はしっかりと声に変換されます。 しっかりと響く声になりますし、息が抜けないので長持ちします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 輪状咽頭筋を鍛える
■次の記事: 輪状甲状筋について


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.