ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

側筋のコントロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

側筋のコントロール

側筋の働き

図の@の筋肉で、披裂軟骨を外側に回転させる働きを持ちます。 側筋が働くと、声帯が少しだけ閉鎖され、息漏れした声が出せます。

側筋を目覚めさせる


http://www.youtube.com/watch?v=034uK-Dnn4w

話し声と、息漏れした声を交互に発声しています。 見本を参考に、息漏れ声を出してみてください

息漏れ声が出せない場合

おそらく、「息のみで声にならない状態」から、いきなり「息漏れがない発声」に移ってしまうかと思います。 息漏れ声はその中間の声です。

コツ:

まず、通常の声と息漏れ声で、息の量を変えないようにします。 息漏れ声の場合は、むしろ息を多めに出すような感じで発声してみましょう。

「ハァー」という感じで、ため息の真似をすると感覚を掴める方もいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 閉鎖筋について
■次の記事: 横筋のコントロール


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.