ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >> 喉頭筋の強化 >>

声帯を開け閉めする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

声帯を開け閉めする

声帯を開け閉めする感覚を掴みましょう。
これを練習する事で、ささやき声を出したり、
意図していない息漏れ声を治す事ができます。

まずは普通に息をしてみましょう。
この状態は、いわば声帯が開いた状態です。

次に、息を吐きながら、喉で息を止めてみましょう。
この状態は、声帯を閉じて空気が通らない状態です。
何回か息を吐いたり止めたりしてみて、動いている筋肉を探ってみましょう。

慣れたら、地声で「あー」と出しながら、徐々に声帯を開いていきましょう。
声帯を開くと息もれしていき、最終的に空気が通るだけで全く声が出なくなります。

なるべくゆっくり声帯を開くようにしてみましょう。
逆に、ささやき(息もれ)声から声帯を閉じて普通の声に戻していく練習もしてみましょう。

声帯の閉鎖を身につける練習として、エッジボイスもあります。
練習に行き詰った場合は、エッジボイスを練習してみましょう。

閉鎖に慣れてきたら、裏声でも閉鎖してみましょう。
裏声での閉鎖の感覚は掴みにくいですが、 以下の手順で掴めます。

  1. 息を吐いた状態から、喉で息を止めます。
  2. 息を止めた喉を保ったまま少し強引に裏声を発声してみます。
  3. かなりこわばった、キンキンした裏声が出れば成功です。

キンキンした裏声から少しずつ声帯を開いて、息漏れした裏声に移行してみましょう。
できたら逆に息もれした裏声から少しずつ声帯を閉じて、
キンキンした裏声を出してみましょう。

喉仏が上下に動かせ、声帯を自由に調節できるようになったら次へ進みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 喉仏を上下に動かす
■次の記事: リップロールで喉頭筋を鍛える


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.