ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

タングトリル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タングトリル

タングトリルとは


http://www.youtube.com/watch?v=aiiDiY9MWL0

上の歯の裏側に舌を当て、息を吹くことで舌先を「トゥルルル」と振動させる練習法です。 巻き舌の事です。ウォーミングアップに適しています。

リップロールとタングトリルは、同じような効果があります。 タングトリルの場合は、舌のリラックス効果もあります。 人によっては、どちらかが苦手というのがありますので、どちらかできる方を練習しましょう。

タングトリルのしかた

「ラ」の発音の位置に舌先を持っていきます。 舌先の力を抜いて、息を吹くと振動します。

うまくできない方は、少し舌先をずらしたり、力のかけ具合を調節してみてください。 なるべく長くタングトリルができるように練習します。

慣れたら、タングトリルをしたまま声を出します。 色々な音程を取ってみましょう。

タングトリルを利用した練習法

リップロールと同じく、2通りの練習方法があります。 前の記事と被りますが、念のため載せておきます。

  1. 音階を使っての練習
  2. 曲に合わせての練習

1. 音階を使っての練習

タングトリルで音を取ってみます。 高い音になったら、裏声に切り替えます。 声をよく聞いて、なるべく正確に音を合わせてみましょう。

上昇:

http://www.youtube.com/watch?v=WN6kksqo1LU

下降:

http://www.youtube.com/watch?v=IqfYFI9YEr4

出せない音に達したら停止してください。

2. 曲に合わせての練習

好きな曲を用意し、タングトリルで歌います。 音階での練習同様、なるべく正確に音を合わせてみましょう。

まとめ

タングトリルは、上の歯の裏側に舌を当て、息を吹くことで舌先を振動させる練習法です。 リップロール同様、ウォーミングアップに適しています。

リップロールとタングトリルのどちらかが苦手という人がよくいます。 どうしてもできない場合、どちらか好きな方で練習して構いません。

▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.