ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

声枯れやポリープについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

声枯れやポリープについて

歌手にとっての天敵

誰もが声が枯れるなどの症状を経験したことがあるかと思います。 ここでは声枯れが起きる原因や予防法、そしてポリープなどの声帯の病気について触れます。

声が枯れる原因

声を使いすぎると、声帯が炎症を起こし腫れます。 声帯が腫れてしまうと、声帯を上手く合わせることができなくなるため、声が掠れたり、高音が出しにくくなったりします。

声帯が炎症を起こす要因としては以下の通りです。

  1. 風邪
  2. 咳、咳払い、くしゃみのしすぎ
  3. 声の使いすぎ
  4. 張り上げ、シャウトのしすぎ

声枯れを予防するには、なるべく声帯に負荷をかけないように心がけるのが一番です。 とはいっても、魅力的な歌唱テクニックの一部には声帯に負荷をかけるものがありますので、どの発声が声帯に大きな負荷をかけるのかはきちんと把握しておきましょう。 そういう発声は、あまり長時間しようしないようにします。

もし声が枯れてしまった場合に直す唯一の方法は、声を出さずに休む事です。 のど飴を舐めたところで、炎症は治まりません。

喉は潰しても強くならない

喉は潰す程強くなるということは決してありません!

むしろ声を酷使すればする程、休むだけでは治らない声帯の病気へと発展する場合もあるため非常に危険な考え方です。 声帯というのは、実は非常にか弱い2枚のヒダです。 そしてボイストレーニングを積んでも、声帯そのものが強くなることは絶対にありません。

ただし、声帯周りの筋肉は動かせば強くなります。ボイストレーニングの目的は、声帯周りの筋肉を強くすることであり、声帯そのものを強くすることではありません。 この2つを混同しないようにしましょう。

声の病気について

声を酷使することで様々な病気へと発展します。 単なる炎症であればまだ良い方で、出血を伴ったり、慢性的な腫れを伴ったりする場合は治癒が長引くことがあります。

無理に声を出し過ぎることで、声帯に血豆のようなもの(声帯ポリープ)ができる場合があります。 また、慢性的に無理な発声を続けると、声帯にペンダコのようなもの(声帯結節)ができることもあります。 声帯がガタガタになってしまうと、声が掠れたり、裏声が出せなくなったりなどの症状が起こります。

これらは自然に治る場合もありますが、最悪の場合手術の必要性がでてきます。 慢性的に声が掠れるなどの症状がある場合は、一度耳鼻咽喉科で診てもらう事をお勧めします。

声枯れやポリープについてまとめ

1. 声枯れは、声の使いすぎにより声帯が炎症を起こすことで起こります。 声枯れを防ぐには、声帯に過度の負荷をかけないように心がけるのが一番です。

2. 特にシャウトなどは、声帯に負荷をかけるので注意しましょう。 何が負荷をかけるかを知っておくことでメリハリを付けた歌い方ができるようになります。

3. 声の病気は様々で、治癒が長引いたり、手術が必要なケースもあります。 裏声が出ない、声が掠れてずっと治らないなどの症状がある場合は、耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 喉のケア方法
■次の記事: 歌う前のウォーミングアップ


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.