ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

母音の調整

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

母音の調整

声区融合において大事な要素

ここでは母音の調整について解説していきます。
特にミドルボイスの発声で重要になってくる技術です。

日本語の母音について

日本語の母音には、広い母音と狭い母音があります。

広い母音:ア、エ
中間の母音:オ
狭い母音:ウ、イ

広い狭いというのは、口の開き具合です。
ウの母音は一番狭く、アの母音が一番広いです。

試しに、ウの母音から口を少しずつ開くと、最終的にアの母音に変化するかと思います。
逆に、アの母音から口を少しずつ閉じていくと、最終的にウの母音になるかと思います。

広い母音であればある程チェストボイスのような声質になり、 狭い母音であればある程ヘッドボイスのような声質になります。

母音を狭めてヘッドボイス要素を加える

広い母音はチェストボイスっぽい声質になります。
広い母音のままミドルボイスを発声すると、音が平たく割れてしまいます。
それを防ぐために母音を狭めてヘッドボイス要素を加えてやる必要があります。

まず失敗例から見せます。


http://www.youtube.com/watch?v=kSYG0Eo_1f0

これは広い母音である「ア」を、そのまま維持したままミドルボイスに切り替えた例です。
声質はチェストボイスを引っ張った感じで、平たく割れた声になってしまうのがわかるかと思います。

先ほど「広い母音はよりチェストボイスのような声質になり、狭い母音はよりヘッドボイスのような声質になる」という話をしました。
基本的には、高音になるにつれ、母音を少しずつ狭めていくことでヘッドボイス要素を加えてやります。

アの母音は、2通りの狭め方があります。

ア→(アゥ)→ウ
ア→オ→ウ

どちらの変化でも構いませんが、前者の方が若干ヘッドボイス寄りになります。


http://www.youtube.com/watch?v=8RZfAL6nleA

高音に行くにつれ「ア」を狭い母音である「オ」寄りにしてみます。
これで声が割れることがなくなりました。
静かなバラードを歌っている時などに声が割れると耳障りなので、広い母音をうまく狭めてみましょう。

同様にして、エの母音は狭くするにつれイに変化させていきます。

母音を広くしてチェストボイス要素を加える

「ウ」と「イ」のような狭い母音のままミドルボイスを発声すると、ヘッドボイスに近い声質になります。
チェストボイスっぽくしたいのであれば、母音を若干広くしてやる必要があります。
以下のように変えると良いです。

ウ→(ウァ)→ア
ウ→オ→ア

イ→(イァ)→ア
イ→エ→ア

前者の開き方は若干ヘッドボイス寄り、後者は若干チェストボイス寄りになります。

ロックなどで力強さが必要な場合は、狭い母音を開き気味に発声する必要があります。

ジャンルによって異なる母音の調整

ジャンルは大まかに分類すると、クラシックスタイルとポップスタイルに分かれます。
ポップスタイルは、より話し声に似せた発声で、クラシックスタイルはより歌声という感じがします。

クラシックスタイルは、よりヘッドボイス寄りの発声を好みます。
全体的に母音を狭めに発声すると良いです。

逆にポップスタイルは、よりチェストボイス寄りの発声を好みます。
全体的に母音を広めに発声すると良いです。

発声に正解はありません。
曲やジャンルに応じて自分自身で母音の調整ができるようにしましょう。

母音の練習方法

まずはロングトーンで狭い母音から少しずつ広い母音へと変化させてみましょう。
急に母音を変えないように、ジワジワと口の形を変化させていきます。

ア→(アゥ)→ウ
ア→オ→ウ

エ→(エィ)→イ

逆もやってみます。

ウ→(ウァ)→ア
ウ→オ→ア

イ→(イァ)→ア
イ→エ→ア

この調整でチェストボイス寄り、ヘッドボイス寄りが決まります。

次に音階を使って練習してみましょう。


http://www.youtube.com/watch?v=oKPCQWpnIZw

母音の調整を練習する際には、子音を使わずに母音のみで練習すると良いです。
「アーアーアー」と音を切る必要はなく、「アーーーー」と音を繋げて一息で練習します。
高音に行くにつれ母音を狭めて、声が平たく割れるのを防ぎましょう。

まとめ

母音の調整をすることで、チェストボイス寄り、ヘッドボイス寄りの調整ができるようになります。

日本語の母音は以下の通りで、広い母音はチェストボイス寄り、狭い母音はヘッドボイス寄りの声質になります。

広い母音:ア、エ
中間の母音:オ
狭い母音:ウ、イ

例えば静かなバラードを歌う際には、広い母音は平たく割れてしまうので狭めてやります。
逆にロックを歌う際には、狭い母音は弱々しくなるので広くしてやります。

歌のジャンルにはクラシックスタイルとポップスタイルがあります。
クラシックスタイルは母音を全体的に狭めに発声します。
逆にポップスタイルは、母音を全体的に広めに発声します。

曲やジャンルに応じて、自分で調整幅を変えられるようにしましょう。

練習方法としては、最初はロングトーンで母音を広くしたり狭くしたりの練習をしてみます。

スケールを使う場合は、子音を使わず母音のみで練習してみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 声区融合を目指す
■次の記事: 声区融合の練習


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.