ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

ホイッスルボイスについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ホイッスルボイスについて

裏声の更に上にあるホイッスルボイス

ここではコラムとして、ホイッスルボイスについて動画を交えつつ説明します。 ホイッスルボイスは、裏声のさらに上にある声です。 人間が出せる声中で一番高い音で、笛のような音色がする事からその名がついております。 ホイッスルボイスを出す歌手としては、Georgia Brown、Mariah Carey、Adam Lopezなどが有名です。

私はこの声については練習中で出し方がわからないので、知っている事のみを書いていきます。

ホイッスルボイスの発声原理

ここは難しい解説なので読みたい方だけ読んでいただければと思います。 発声原理のすべては解明されておりません。 その理由は、喉頭蓋(飲み物が食道に通るように気道を塞ぐ役割を果たす)がほぼ閉じ、共鳴腔が非常に小さくなるためカメラで捉えるのが難しいからだそうです。 しかし、現状で、声帯の前の部分のみが振動することで高音が出るということがわかっております。 これは振動が短くなるという点で、ギターのフレットを押さえるのと同じ効果になります。

内喉頭筋の「側筋」が働きますが、「横筋」は働かず、披裂軟骨の間に三角形の隙間ができるそうです。 これにより、声帯の前の部分は近づき振動しますが、後の部分は離れていて振動しないという状態になります。 声帯の振動部が短くなるので、高い声が楽に出せます。

内喉頭筋については下記記事をご覧ください。

子供のホイッスルボイス

小さい子供が出すキャーという声はホイッスルボイスとのことです。 幼少時代には楽にキャーと出せたかと思いますが、変声期を迎えることで自然と出せなくなる方が多くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ボイストレーニング方法一覧
■次の記事: ホイッスルボイスの動画


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2013 れみぼいす All Rights Reserved.