ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

効果的な歌の練習方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

効果的な歌の練習方法

PDCAサイクルを歌の練習に導入する

歌の練習をする上で一番困る時は、これからどこを練習していけば良いのかわからなくなった時です。 例えば音をもっと正確に取れるようにしたい、ビブラートを習得したいなど、 ある程度目標が明確であるうちはまだ良いのですが、それらがひと通りできるようになったときに、これ以降どこを練習すれば良いのかわからなくなる時があります。 このような状態のまま歌の練習をしようと思っても、曖昧な練習になってしまい、いまいち効果が現れません。

そこで、効果的に上達させるために、 PDCAサイクルを導入してみましょう。

PDCAサイクルとは、マネジメントや業務改善などに使われるサイクルの一つです。 この概念の用途はビジネス上のみとは限らず、 歌の練習にも適応することができます。

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルは、以下の4つの段階からなります。これらを循環する事で効率良く歌の練習を進める事ができます。

  1. Plan (計画)
  2. Do (実行)
  3. Check (点検)
  4. Act (改善)

歌が上手くなりたいA氏を例に解説していきます。

1. Plan (計画)
Planとは、「計画を練る事」です。現在の問題点、将来の目標を元に、計画を立てます。

例: A氏は自身の歌を分析し、以下のような目標を立てた。

  • A氏は自身の歌を「単調でつまらない」と認識している。(問題点)
  • そこで、1ヶ月以内にビブラート習得を目指すことに決めた。(目標)
  • ビブラートを習得すれば歌のバリエーションが増えると認識している。(理由)
  • A氏は毎日10分間、声を上下に揺らす練習をしてみることに決めた。(練習計画)

2. Do (実行)
Doとは、「実行する事」です。Planの段階で決めた計画を実行します。 計画通りに事が進むかどうかは、実際にやってみなければわかりません。

例: A氏は、「毎日10分間、声を上下に揺らす」という練習を2週間行った。

3. Check (点検)
Checkとは、「点検する事」です。計画通りに物事が進んでいるかを点検し、問題がある場合はまとめていきます。

例: A氏はビブラートの練習を2週間行ったが、1ヶ月以内に完成しないと認識した。

4. Act (改善)
Actとは、「改善する事」です。 計画を変更すべきかどうかを考えます。 変更する場合、どのように変更すべきかを考えます。

例: A氏は、当初の「1ヶ月以内」という期限を、「2ヶ月以内」へと変更した。
また、練習計画を、最初の1ヶ月は従来の計画通りに、次の1ヶ月は実際に歌いながら練習するよう変更した。

再びPlan (計画)へ
Actを辿った後は、再びPlanに戻ります。 今度は、Actでまとめた情報を元に、最初の計画を修正します。修正がない場合はそのままDoへ進みます。

例: A氏は、計画を以下のように変更した。

  • A氏は自身の歌を「単調でつまらない」と認識している。(問題点)
  • 2ヶ月以内にビブラート習得を目指す。(目標)
  • ビブラートを習得すれば歌のバリエーションが増えると認識している。(理由)
  • はじめの1ヶ月は、毎日10分間、声を上下に揺らす練習をする。
  • 次の1ヶ月は、毎日20分、実際に歌いながらビブラートを使う練習をする。

このままDoに移り、サイクルを循環させていきます。

目標もないまま闇雲に歌を練習しようとしても、時間だけを無駄に浪費してしまうことになります。 PDCAを意識し、ある程度の計画性を持って歌の練習を行うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 歌唱技術の種類
■次の記事: 歌唱力の高め方


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.