ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

抑揚を付ける練習

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

抑揚を付ける練習

ここでは、抑揚付けることについて触れていきます。

抑揚とは、声の調子を上げ下げすることです。

例えば私たちは普段会話する時に、声の音程を上げたり下げたりしますし、声を強めたり弱めたりします。 または、思いにふけっているときはハァーっと息漏れした声になりますし、遠くの人に呼びかける時は強い声を出します。

このような、普段話す声の調子の変化や、状況などに応じた声質の変化が歌に表れることで、抑揚というものになります。 逆にもしこれらの声の調子が一定になりますと、「棒読み」といわれる、単調な声になってしまいます。

抑揚をつけて歌う事で、歌に表情が出るようになります。

抑揚の種類

抑揚を細かく見ると、以下の二種類があります。

  • 声質を変えることで付けられる抑揚
  • 音量を変える事で付けられる抑揚

歌の場合はこの両方が複雑に絡み合う事になります。

1. 声質を変えることで付けられる抑揚

声質というと、1. 喉を開いたふくらみのある声、喉を絞めた苦しそうな声、 2. 声帯を開いて息漏れした声、声帯を閉じた強い声、3. 地声、裏声などが複雑に組み合わさります。 例えばため息を付く時はハァーっと息漏れしますし、泣いたような繊細さを表現するなら、ミドルボイスのような強い裏声ではなく、柔らかい裏声が使われます。

歌では、歌詞に合わせて声質が変えられます。 心の中で愛しい人を想っている歌詞では、繊細な表現でため息を付くような声で歌われる事がありますし、 逆に心の苦痛や叫びを表現したいときは、シャウトなどが使われる事があります。 使える声の種類が増えれば増えるほど、歌詞の表現に幅が出てきます。

音量を変える事で付けられる抑揚

声を小さく出したり、声を大きく出したりすることで付けられる抑揚です。 これは、曲全体で抑揚が付けられる事もありますし、メロディごとに抑揚が付けられる事もあります。

曲全体で付けられる抑揚ですと、例えば最初は弱く歌って、サビに向かって徐々に盛り上がっていくといった事が挙げられます。 そしてメロディごとに抑揚が付けられる場合は、フレーズの山を意識して、音が高くなれば強く、音が低くなれば弱く、などで付けられる事があります。

普段の会話と歌の抑揚の違い

普段の会話では、声の高さで抑揚が付けられる事があります。 嬉しい時やテンションが高い時は、声が高くなりますし、逆に落ち込んでいる時やテンションが低い時は、声が低くなります。 普段話す際に、声の高さを付けてやることで、会話にもメリハリが出てきます。

しかし歌の場合は、音程の上下はメロディラインに取られているため、会話で使えるような抑揚の付け方はできません。 そして、音楽的な要素が加わるため、曲全体で抑揚が付けられていきます。 この部分が、普段の会話と歌の決定的な違いでもあります。

歌の場合は、歌詞の感情がもたらす声質の変化と、音楽的な音量の変化で抑揚が付けられることになります。

抑揚の見本

もののけ姫

http://www.youtube.com/watch?v=CiSSYTZmoKg

歌の抑揚には、当然音楽的なものが含まれます。 楽器の場合は、歌詞がない分抑揚をより明確にイメージしやすくなります。

愛よ愛よ

http://www.youtube.com/watch?v=53JQBfTlgkE

抑揚の練習

声質の変化については歌唱技術編の他の記事で触れているので、 音量の上下に焦点を当てて解説していきます。

クレッシェンド/デクレッシェンド

まずは基本的な、クレッシェンド(徐々に大きく)、 デクレッシェンド(徐々に小さく)を身につけていきましょう。

最初は小声でロングトーンをしながら、ゆっくり音量を大きくしていきましょう。 声量を上げていくにつれ、音量が変わらないようにします。

慣れてきたら、小声から勢い良く大声にしてみたり、更にゆっくり時間をかけてクレッシェンドを付けていったりしてみます。 逆のデクレッシェンドも挑戦してみてください。

息の量を変える練習

息の量を変えるトレーニングもしてみましょう。

目の前に人差し指を立てて、口を丸めてフゥーっと息を当ててみます。 まずは、息を弱くして長く一定に吐き続ける練習をしてみてください。 これは小声で歌う際に使われます。

次は、弱い息から、お腹を意識しつつ、少しずつ息の量を増やしていきます。 逆に強い息から弱くしていく練習もしてみてください。

※息の練習はやりすぎるとクラクラするので、注意しつつ行なってください。

音量を変えることで付ける抑揚は、腹式呼吸を使ったブレスコントロールがとても重要です。 お腹に意識を集中させて練習してみてください。

色々な歌手の抑揚の付け方を聴いてみる

抑揚はとても奥深く、とても文章で説明できるものではありません。

一番の教科書となりえるのは、上手い歌手の歌い方です。 色々な曲を聴いてみて、歌手がどのように抑揚を付けているかをよく聴いてみてください。

  • 発声のトレーニングを積んで、使える声を増やす
  • 歌手の歌い方を分析して、声をどのように使っているかを見ていく

この両方がうまく合わされば、自然と抑揚を付けられるようになってきます。歌唱力も格段にアップするはずです。

また、機械的な表現をするために、あえて抑揚を付けないで歌う方法もあります。 抑揚は付ければ良いというわけではなく、最終的には何を表現したいかによっても変わってきます。 曲によって、最高の表現ができるように練習していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: シャウト/デスボイスの練習
■次の記事: アクセントをつけて歌う


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.