ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

ビブラートの練習

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ビブラートの練習

ビブラートとは?


ビブラートは、伸ばした音を上下に細かく振動させて、メロディを強調する技法です。 歌の技術としてもとても有名で、ビブラートを綺麗にかけられるだけで歌が上手いと言われたりもします。

ビブラートについての「誤解」

ビブラートを巡り、いくつかの誤解があるので解説します。

  1. ビブラートは発声が鍛えられれば自然にできるようになるため、あえて練習する必要はない
  2. ビブラートは意図的にかけるのではなく、勝手にかかるものである
  3. ビブラートは横隔膜でかけるものである
  4. ビブラートはかければかける程上手く聞こえるようになる

1. ビブラートは発声が鍛えられれば自然にできるようになるため、あえて練習する必要はない

歌は普段の会話の延長線上にあります。 いくら沢山会話をしてもビブラートがかからないのと同じで、ビブラートは練習してこそ、はじめてかけられるようになります。

2. ビブラートは意図的にかけるのではなく、勝手にかかるものである

もし歌うとビブラートが勝手にかかるようになるのであれば、普段の会話でもビブラートがかかってしまいます。 ビブラートは意図的にかけるものですし、狙ってかけられないと逆に問題です。

3. ビブラートは横隔膜でかけるものである

この意見も間違いです。 ビブラートは、2つの音を細かく上下させる技法です。 声の高さは、喉の筋肉の1つである、「輪状甲状筋」で調整しますので、横隔膜は全く関係ありません。 例え横隔膜を震わせたとしても、同じ音の高さで「アッアッアッ」としかなりません。

4. ビブラートはかければかける程上手く聞こえるようになる

ビブラートを覚えたからといって、かければかけるほど良く聞こえるかと言われればノーです。 例えば、合唱やコーラスにおいては、ビブラートをかけるのは逆に好ましくないとされています。 アイドルが歌う曲や、一部の電波ソングなんかでも、あえてビブラートをかけないで歌うスタイルをよく聴きます。 歌うジャンルや曲によって、ビブラートをかけるかかけないか、そしてかけどころを決めましょう。

ビブラートの練習

ここからビブラートを実際に練習していきましょう。 まず、ビブラートは2つの音を細かく上下させる技法です。 そのため、音程を素早く移動させるための喉の筋肉運動を覚える必要があります。

下記のエクササイズをこなすことで、ビブラートをかけるための筋肉運動を覚えることができます。

1. 地声と裏声を交互に出す

地声と裏声を交互に出す事によって、ピッチを取る筋肉を強制的に動かします。 慣れたら早くしてみましょう。

2. 音程を大きく揺らす

地声の低音から高音まで大きく上下させてみましょう。同じように裏声低音から高音までもやってみましょう。 一定のリズムでやってみると次のステップが楽になります。慣れたら早くしてみましょう。

3. 声を揺らす

  1. 立ちながら、「アー」と声を伸ばします
  2. 膝をかくかくさせて、体を上下に揺らすと同時に声を揺らしてみます
  3. 声を揺らすのに慣れたら、あたかも膝をカクカクさせているイメージで、真っ直ぐ立ちながら声を揺らしてみます。

ここでのポイントは、ゆっくりでも良いから声を揺らす感覚を身につけます。 「2.」とは違い、音程は細かく上下させてみましょう。

4. 一定のリズムで声を揺らす

  1. 人差し指を前に出し、上下させます。
  2. 指の動きに合わせて、声を揺らします。

ビブラートを綺麗に聞かせるためには、振幅のスピードより、一定のリズムでの振幅が重要です。 これが上手くできるようになると、ビブラートっぽくなります。 「ア」だけではなく、他の母音でも試してみましょう。

4. 振幅を速くする

「一定のリズム」という意識を保ったまま、少しずつ振幅のスピードを速くしてみましょう。 最初は人差し指の補助を付けて練習するのが良いです。 ビブラートは、1秒間に6回の振幅が理想とされております(科学的根拠はありません)。 しかし、速く振幅させることができれば、遅いビブラートも速いビブラートも自由に調節可能になります。 是非スピードアップに挑戦してみてください。

ビブラートのかけ方

ビブラートがかけられるようになったら、実戦でのかけ方を覚えていきましょう。

クラシックスタイルとポップスタイル

ビブラートのかけ時としては、大まかにクラシックスタイルとポップスタイルに分かれます。 クラシックスタイルは、常にかける意識をします。 そしてポップスタイルは、フレーズの終わりのみにかけます。 個人によってもかけ時が違うので、好きなアーティストの曲を沢山聞いてみて、どのタイミングでビブラートを使っているのか分析してみましょう。

実戦でビブラートを馴染ませる際のコツ

最初はうまく実戦のフレーズでビブラートを加えられないかもしれませんが、重要なのは「できなくてもいいので音を揺らしてみる事」です。 ゆっくり揺らしても構いません。 何回も挑戦していくうちに、少しずつ喉の筋肉がビブラートの動きに慣れていきます。 ゆっくりでもいいので、一定のリズムで振幅させる意識をしましょう。

「あーーー〜〜〜〜」という風に、最初は音を伸ばしてから、ビブラートを加えてみる練習もしてみましょう。

ビブラートの練習まとめ

1. ビブラートは、伸ばした音を上下に細かく振動させて、メロディを強調する技法です。 ビブラートを綺麗にかけられるだけで、歌が上手いと言われたりします。

2. ビブラートに関しては、沢山の誤解があります。代表的なものは、「ビブラートは自然にかかる」「ビブラートは横隔膜でかける」などです。 ビブラートは練習しないとかけれるようにはなりません。そしてビブラートは音を細かく上下させる技法であるため、ピッチをコントロールする「輪状甲状筋」が関係します。 「輪状甲状筋」は喉の筋肉であり、横隔膜は全く関係ありません。

3. ビブラートの練習方法として、まずは音を揺らす感覚を体に覚えさせる事から始めます。 最初は地声と裏声を交互に出します。そして地声の低音から高音まで、そして裏声の低音から高音までを上下に大きく揺らしてみます。 これにより音程を揺らすための筋肉運動を覚えることができます。 更に、立ちながら膝をかくかくさせて、ビブラートを一定のリズムで刻む練習をします。 ビブラートは一定の振幅スピードでかけるのが綺麗に聞かせるためのコツです。慣れたら、スピードアップさせてみましょう。

4. ビブラートのかけ時としては、大まかにクラシックスタイルとポップスタイルに分かれます。クラシックスタイルでは歌声に常にかけるのに対し、 ポップスタイルではフレーズの最後のみにかけます。これは歌手によって違うので、上手いアーティストをよく聞いて分析してみましょう。

5. 最初は実戦でフレーズに上手く当てはめられないかもしれませんが、大事なのは無理矢理でも揺らしてみることです。 無理矢理かけてみることで、少しずつ喉の筋肉が運動を覚えていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: スタッカートをつけて歌う
■次の記事: メロディのアレンジ


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.