ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 歌唱技術編 >>

声質の変化について


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

声質の変化について

基本を破る

発声技術編では、基礎として、チェストボイスミドルボイスヘッドボイスを解説しました。 これらは基本的な声の出し方で、土台として最も重要な部分です。 しかしながら、発声法は他にも沢山あります。 これらを身につけることで、様々なスタイルを生み出すことができます。

基礎が固まった今は、正解の発声法を一切無視して構いません。 例えば、発声技術編では「高音では喉仏を上げないように発声しましょう」と解説しましたが、実際には喉仏を上げた声というのもスタイルの1つとなりえます。 ここからは発声の可能性を探ってみましょう。

声質を変化させる要素

声質を変化させる要素は3つあります。

  • 外喉頭筋の使い方
  • 内喉頭筋の使い方
  • 鼻に息を通すか

外喉頭筋の使い方

喉の開き具合に関係しています。 喉仏を下げれば、オペラのような、とてもリッチな声質になりますし、逆に喉仏を上げると、苦しさを与えたり、若い声のような印象を与える事ができます。

参照: 外喉頭筋について

内喉頭筋の使い方

声帯の開け閉めに関係しています。 声帯を開くと息漏れします。 裏声で息漏れさせた場合は、ファルセットという名前が付きます。

そして、声帯を閉じれば振動する声になります。 これらは発声技術編でやった声であり、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスとなります。 声帯をゆっくり振動させる、ボーカルフライも歌で使う事ができます。

過度に閉鎖させて咳払いのような声も出せます。 こちらはがなり声、またはシャウトとして扱います。

参照: 内喉頭筋について

鼻に息を通すか

喉の筋肉の使い方とは鼻に息を通すか通さないかでも声質が変化します。 基本的にはマ行、ナ行、ンで鼻に息を通し、それ以外では息を通しません。 しかし、あえて鼻に息を通して歌うスタイルがあります。

解説する声

解説する声をまとめると以下の通りです。

外喉頭筋

  • 喉仏を下げた声、上げた声

内喉頭筋

  • ウィスパーボイス
  • ファルセット
  • ボーカルフライ
  • がなり声
  • シャウト/デスボイス

その他

  • 鼻声

それぞれの要素を組み合わせて調整すると、数多くの声の出し方が生まれることがわかるかと思います。

まとめ

発声技術編では、基礎として、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスを解説しましたが、他の発声法を身につけることで様々なスタイルを生み出すことができます。
声質を変化させる要素は以下の3つです。

  • 外喉頭筋の使い方
  • 内喉頭筋の使い方
  • 鼻に息を通すか
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 正しいマイクの使い方
■次の記事: 喉仏の位置の変化


▲ページの先頭へ戻る
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.