ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

腹式呼吸について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

腹式呼吸について

息を安定させる腹式呼吸

発声技術編の第五ステップとして、腹式呼吸練習に入っていきます。

腹式呼吸のための筋肉が発達すると、以下の事が可能になります。

  1. 息を最後まで使えるようになる
  2. ロングトーンが安定する
  3. 大声を出せるようになる
  4. 地声高音域を楽に出せるようになる
  5. 抑揚を付けやすくなる

1. 息を最後まで使えるようになる
腹式呼吸を身につける事で、息を最後まで吐ききる事ができるようになります。 これにより、長いフレーズを歌えるようになります。

2. ロングトーンが安定する
腹式呼吸を身につける事で、息を一定に真っ直ぐ吐けるようになるため、ロングトーンが安定します。

3. 大声を出せるようになる
腹式呼吸を身につける事で、息を強く吐くことができるようになるため、大声を出せるようになります。

4. 地声高音域を楽に出せるようになる
腹式呼吸を身につける事で、重い物を持つみたいに高音発声時に支えてくれるようになります。 高音発声には強い筋肉運動が必要不可欠ですが、お腹が連動して喉にパワーを与えてくれるようになります。

5. 抑揚を付けやすくなる
腹式呼吸を身につける事で、大声も小声も両方簡単に出せるようになるので、抑揚を付けやすくなります。 また、大声が出せるようになる分、小声との音量差が増えるので、よりダイナミックなボーカルを奏でる事ができるようになります。

このように腹式呼吸を身につける事は、良い事ずくめです。 普段呼吸が浅く、お腹を使って呼吸をした事が無い方にとっては、ここが強化されると歌が激的に変わります。

胸式呼吸と腹式呼吸

呼吸の方法には胸式呼吸(きょうしきこきゅう)と腹式呼吸(ふくしきこきゅう)の2種類があります。 胸式呼吸は、肺の周りの筋肉を使って肋骨を広げることにより肺を膨らませます。 胸式呼吸をすると、肩が上下します。

腹式呼吸は、お腹の筋肉を使って、横隔膜という肺の真下にある膜を下げることによって、肺を膨らませます。 腹式呼吸をすると、お腹が膨らんだりへこんだりします。

呼吸は両方連動して行われますが、息を吸えば吸う程胸が膨らみ胸式呼吸に、息を長く吐けば吐く程お腹に力が入り腹式呼吸になります。 歌で言えば、長いフレーズをブレスなしで歌うことがざらにあるため、必然的に腹式呼吸の割合が増えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ミドルボイスの練習
■次の記事: 腹式呼吸に関する誤解


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.