ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

ヘッドボイスの出し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ヘッドボイスの出し方

ヘッドボイスの出し方

ヘッドボイスとは、息漏れのない柔らかい裏声の事です。

裏声で喉を開けば、しっかりと共鳴した膨らみのあるヘッドボイスとなります。 これが裏声の発声の基礎になるので固めていきましょう。

もう一度復習しますと、喉を開くとはすなわち軟口蓋を上げ、喉仏を下げる行為です。喉を開くと、口の奥が上下にガバッと広がります。 これはあくびの動作に近いので、最初はあくびの真似でファ〜っと裏声の練習をしていきましょう。

喉がきちんと開けると、声が口の奥で共鳴し、ビンの口を横から吹いたようなボーンといった感じの音がなります。 オーや、ウーでやるとわかりやすいです。この感覚を掴みましょう。

次に、喉を開いたまま、裏声で「マママ」「モモモ」と発声します。 少し高めの音の方が練習しやすいです。

裏声が息漏れする場合

裏声発声時に、スーッと息が抜ける音がしていれば息漏れしています。 息漏れした裏声はファルセット呼ばれ、ヘッドボイスとは区別されます。

裏声がどうしても息漏れする場合は、一度地声に戻って声帯の閉鎖感覚を再確認してみましょう。 裏声で声帯を閉じる動作を行えば、息漏れはなくなります。 本当に繊細な筋肉の調整が必要ですが、試行錯誤することで必ず身につくはずです。

ヘッドボイスの発声のコツ

1. 口の奥を上下に開きましょう。卵を飲み込むような感じで発声するのがコツです。 喉の筋肉が発達していないうちはなかなか開くのが難しいのですが、ボイストレーニングを続ける事できちんとできるようになります。 最初は辛くても、正しいフォームで喉を開くという意識をしてください。 高音を出す時は、その分喉を開くようにします。

2. 裏声が息漏れしてしまう場合は良いヘッドボイスは出せません。 上記の声帯閉鎖のトレーニングをして、声帯を閉じる感覚を掴みましょう。

3. 高音にさしかかればさしかかる程、息の量は減らしていきます。 ここで息の量を増やしてしまうと高音域が伸びません。

ヘッドボイスの感覚

ヘッドボイスは、頭に響かせるようにと発声すると教えられることがあります。 しかし、実際に響く場所は頭ではなく口の奥です。上手く響くと耳の後ろや頭にまで振動が伝わってきます。 頭に響くようにイメージすることで、軟口蓋を上に持ち上げやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ヘッドボイスについて
■次の記事: ヘッドボイスの練習


▲ページの先頭へ戻る

はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.