ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

ヘッドボイスについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ヘッドボイスについて

ヘッドボイスとは?

ヘッドボイスとは、息漏れのしない裏声の事を指します。柔らかく膨らみのある声になります。裏声の出し方の1つです。 ヘッドボイスのヘッドとは、頭に響くという意味合いがあります。 主にクラシックや声楽などで、高音域を奏でるソプラノ歌手が使います。

解説に入る前に、まずはプロの見本を見てみましょう。

からたちの花(Maki Mori)

http://www.youtube.com/watch?v=nC9-40wKDfM

Philippe Jaroussky - Vedro con mio diletto - Vivaldi

http://www.youtube.com/watch?v=WX83BSR0mug

柔らかくふくらみのある裏声が聞けたでしょうか。これがヘッドボイスです。

ヘッドボイスの2つの特徴

ヘッドボイスには、2つの特徴があります。といっても、チェストボイスの土台と同じです。

  • 息漏れしていない
  • 喉を開いている

息漏れしていない

裏声が息漏れしてしまう場合は、うまくヘッドボイスが出せません。 息漏れすると以下の見本のようになります。


http://www.youtube.com/watch?v=rE-8keH06XE

見本のような息漏れした裏声を、ファルセットと呼びます。 息漏れしていると、スーっという息が漏れたような音がして、息も長く続かないのでわかります。 ヘッドボイスは、息漏れがない裏声です。最終的にはヘッドボイスとファルセットと区別して出せるようにしましょう。

喉を開いている

ヘッドボイスは喉を開かなくても発声することはできますが、喉を開くことで、よりふくらみがあり響く裏声になります。 チェストボイスの、喉を開く項目でやったものの裏声バージョンということになります。 高音域でも喉を開けるように練習していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 声帯を閉じる練習
■次の記事: ヘッドボイスの出し方


▲ページの先頭へ戻る

はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.