ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

ミドルボイス(ミックスボイス)の出し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ミドルボイス(ミックスボイス)の出し方

ミドルボイス発声の手順

ミドルボイス出し方を覚えるにあたって2ステップの手順を踏みます。

  1. 裏声での声帯閉鎖の練習
  2. 閉鎖を保ったまま喉を開く練習

第一ステップとして、裏声での声帯閉鎖を覚えます。 裏声で声帯を閉じることができれば、振動した芯のある声が出るようになります。 しかし、この時点では声が詰まったような感じになってしまい、地声っぽくは聞こえません。

そこで第二ステップとして、閉鎖を保ったまま喉を開く練習をします。 喉を開くことで、喉絞めが解消され、地声っぽく響くようになります。

ヘッドボイスとミドルボイスは両方裏声の発声ですが、両者の違いは声帯の閉鎖具合にあります。 ヘッドボイスがクラシックで使われるような柔らかい裏声だったのに対し、ミドルボイスはより閉鎖を強めたキンキンした裏声になります。 ファルセットは息漏れした裏声ですので、閉鎖の弱い順に並べると、ファルセット→ヘッドボイス→ミドルボイス、という風になります。

裏声での声帯閉鎖の練習


http://www.youtube.com/watch?v=x5Q3dqxZEIQ

第一ステップは、裏声で声帯を閉鎖する練習です。 見本のように、裏声のままンッンッンッという感じで音を切りながら発声してみましょう。 息を止めてから再び「ン」と発声するときに、一瞬強い音が出せれば、それは声帯が閉鎖された声であり、ミドルボイスの元となります。 ボイストレーニングの最初の項目からきちんとこなしていれば、このあたりはすぐにできると思います。 地声の項目で声帯を閉鎖させるためにやった、ダミ声の練習が活きます。


http://www.youtube.com/watch?v=iJ1MPSImJ6U

強く振動する声を出せるようになったら、見本のように「ンーーーナーーー」と「ア」の母音に変えてみます。 この時点ではまだ地声とは違い、少し詰まったような声になりますが、気にせずに閉鎖のみを意識して練習してください。 ミドルボイスは裏声で声帯閉鎖ができないと発声できません。 そしてこの土台が崩れてしまうと次のステップには行けません。

閉鎖を保ったまま喉を開く練習

第二ステップは、声帯閉鎖を保ったまま喉を開く練習です。 見本の最初は普通に閉鎖した声、次が喉を開いた声です。違いを聞いてみてください。

喉の開き方ですが、まずは見本の最初のように「マ」でヘッドボイスを出してみましょう。 ヘッドボイスは、喉をしっかり開いて出す発声です。 そこから声帯閉鎖を加えてみます。 これが上手くできればミドルボイス完成です。

最初は喉を開くと上手く閉鎖できないかもしれませんが、ここは練習を積んで感覚をつかむのみです!

次は、見本のように「マ」で、チェストボイスからミドルボイスに繋げてみましょう。 喉を開きながら上下させるのがコツです。

ミドルボイスのコツ

1. 声帯の閉鎖を狙って確実にできるようにしましょう。 声帯の閉鎖が緩んでしまうと、抜けた弱い声になってしまいますので、どんな高さ、どんな母音、子音でも確実に閉鎖できるようにひたすら練習する必要があります。

2. チェストボイスから飛んでミドルボイスに移行する際には、意識して閉鎖するようにします。 そうすることで抜けずに強い声のまま裏声にアタックできます。 チェストボイス→ヘッドボイスへの移行と、チェストボイス→ミドルボイスへの移行では感覚が違うので、区別できるようにしましょう。

3. 換声点近くを細かく行ったり来たりするようなフレーズが来た場合は非常に難しいです。 地声でどこまで押すのか、どこから裏声に切り替えるのか、裏声でどこまで低音を出すのかをフレーズごとに一つ一つ考えて対策していきましょう。 フレーズ内の切り替えは、なるべく少ない方が安定します。 どうしても対処不能なフレーズが来た場合は、キーを変えれるのであれば変えてしまうというのも手です。

4. 高音は何でもかんでもミドルボイスにすれば良いのかといえばそういうわけはありません。 どちらかというとヘッドボイスやファルセットの方が格段に使用回数は多いです。 すべて区別できるようにした上で、曲調によって臨機応変に使い分けられるようにしましょう。

5. 声帯を強めに閉鎖させるため、喉には負担がかかります。発声してると喉がピリピリするようであれば、少し閉鎖が強すぎるかもしれません。 このあたりは出力される声が理想的な声であるかどうかと、喉の負担がどれだけかかるかを見極めた上で上手く天秤にかけて決めてください。

ミドルボイスの感覚

1. 裏声なのにまるで地声を発声しているような振動を得られます。体感的にも最初は判別は難しいですが、慣れればこれが裏声であると理解できます。 聴いている方も、声の専門でなければ地声なのか裏声なのかは判別が難しくなります。 結構声量は出ますが、さすがに地声を本気で張り上げた声量には勝てません。

2. 強い高音を出す際にミドルボイスという選択肢が増えると、地声張り上げのみと比べて格段に気持ちが楽になります。 あまりにも高い音が来ても、臆す事なくここはミドルボイスで行っとこう!といった感覚になります。 しかしやはり地声張り上げも聴き手にとっては伝わるものがありますので、両方使い分けできると最高です。

3. ミドルボイスを習得したからといって、どんな高音曲も何の練習もなしに歌えるというわけではありません。 習得後も相変わらず練習は必要で、ちゃんと楽譜と向き合って、うまく歌えなかったフレーズを個別に練習していくということを行わなければ上達しません。 特に換声点付近をうろうろするようなフレーズには要注意です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: ミドルボイスについて
■次の記事: ミドルボイスの練習


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.