ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

口蓋喉頭筋、茎状咽頭筋を鍛える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

口蓋喉頭筋、茎状咽頭筋を鍛える

口蓋喉頭筋と茎状咽頭筋の働き

図のBの方へ引っ張る筋肉です。
口蓋喉頭筋と茎状咽頭筋はそれぞれ別の筋肉なのですが、 ひっぱる方向が同じなのでまとめて鍛えます。

この2つの筋肉は、「@胸骨甲状筋」同様、ふくらみのある声を出すのに必要な筋肉です。

口蓋喉頭筋と茎状咽頭筋を鍛える

ここでは、2つの手順を踏みます。

  • 軟口蓋を確認する
  • 声を当てる練習

1. 軟口蓋を確認する

鏡で口の中を覗いてみましょう。 まず上あごを確認し、そのまま口の奥を見ると柔らかい部分があります。 その部分にはのどちんこがついています。 そこが軟口蓋です。

軟口蓋の位置がわかったら、あくびのような感じで喉の奥を開いてみましょう。 その際、頭に向かって紐で引っ張られているようなイメージを持ちます。 上手くできれば、のどちんこが上に引き上げられるのを確認できます。

2. 声を当てる練習

次のステップとして、頭のてっぺんに向かって声を当ててみましょう。

裏声の「オー」もしくは「ウー」の発声で、頭のてっぺんもしくは後頭部に向かって 声を飛ばすイメージで発声してみます。 上に声を飛ばすイメージをすることで、口蓋喉頭筋、茎状咽頭筋を緊張させやすくなります。 @胸骨甲状筋と一緒に引っ張り合います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 甲状舌骨筋を鍛える
■次の記事: 輪状咽頭筋を鍛える


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.