ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

胸骨甲状筋を鍛える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

胸骨甲状筋を鍛える

胸骨甲状筋の働き

図の、@の方へ引っ張る筋肉が胸骨甲状筋です。 喉頭を下げる役割を担います。

歌を始めたばかりの頃は、高音になるにつれ喉仏が上がってしまい、 非常に苦しそうな声になってしまいます。 胸骨甲状筋が機能するようになると、喉頭を下に引っ張ってくれるようになりますので、こわばりが直ります。

この筋肉は、発声の基礎と言っても良いくらい大事な筋肉です。

胸骨甲状筋を鍛える

それでは早速練習に入ります。 胸骨甲状筋を鍛えるために、3段階のステップを踏みます。

  1. ガ行のトレーニング
  2. こもった声を出す
  3. 声を当てる練習

1. ガ行のトレーニング

喉仏に指を置きながら「ガッガッガッ」と発音してみしょう。発音するたびに喉仏が少し下に動くかと思います。

ガ行の発音は、舌の後部を口の奥(口蓋)に押し当ててから、破裂させる事で出る音です。 少し大げさにガ行を発音すると、口の奥が広がると共に胸骨甲状筋も緊張します。 初めは大げさに「ガ行」のトレーニングをして、喉仏を下げる練習をするのが効果的です。

特に効果が高いものは、「ガ」と「ゴ」の音です。 これらを連続して発音してみましょう。 ガ行のトレーニングはお手頃かつ効果があります。 しばらく続けてみましょう。

2. こもった声を出してみる

次のステップとして、こもった声を出してみましょう。 こもった声を出す方法として、あくびの真似や、オペラの発声の真似があります。

まずはあくびの真似をしてみましょう。 ふぁああ〜っと喉の奥を大きく広げる感じで発声します。 あくびと同時に喉仏も下がり、こもった声が出ます。 狙ってこの声が出せるように練習してみましょう。

次にオペラの発声の真似をしてみましょう。 ここでは秋川雅史さんの「千の風になって」の真似をしてみましょう。


http://www.youtube.com/watch?v=yqzCwcL9xDc

あくびのような感じで、喉の奥を広げるように発声します。 ここまでできるようになると、声を出さずとも喉仏を自由に下げる事ができるようになっているかもしれません。是非挑戦してみてください。

3. 声を当てる練習

低い声で「アー」と伸ばしながら、声を鎖骨や胸に向かって飛ばすイメージで発声します。 下に引っ張るイメージをすることで、胸骨甲状筋を緊張させやすくなります。 発声と同時に喉仏が下がると思います。 他の筋肉の助けを借りないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 外喉頭筋について
■次の記事: 甲状舌骨筋を鍛える


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.