ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

喉頭筋について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

喉頭筋について

喉頭筋とは

喉頭筋とは、喉の筋肉群のことで、喉頭の上げ下げを行ったり、ピッチの調整や声帯の開け閉めを行う働きをします。 発声にかかせない筋群であり、これらを鍛え、繊細にコントロールできるようになることが、歌の基礎作りとして重要です。

2種類の喉頭筋

喉頭筋は、大まかに外喉頭筋と、内喉頭筋の2種類に分ける事ができます。

1. 外喉頭筋

外喉頭筋は、喉頭を上下に引っ張ったり、喉を開いたりする筋群です。 この筋群が発達してくると、声量を上げたパワフルな声でも安定して歌えるようになったり、 調節次第でオペラのような声、苦しそうな声など、様々な声質に変化させる事が可能となります。

2. 内喉頭筋
内喉頭筋は声帯にまつわる筋群で、声帯を開いたり閉じたり、 声の高さを調節したりする機能を担っています。 例えばささやき声、シャウトなどの調節も、すべて内喉頭筋の働きによるものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

■前の記事: 声区による声の名称について
■次の記事: 外喉頭筋について


▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2013 れみぼいす All Rights Reserved.