ボイストレーニングの事なられみぼいす
れみぼいす >> 発声技術編 >>

外郎売の口上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

外郎売の口上

滑舌のトレーニングに良い外郎売

外郎売口上は、歌舞伎十八番の1つです。
早口言葉が多く含まれているため、声優、俳優、アナウンサー等が、発声練習や滑舌のトレーニング時に使用しています。
何度も繰り返しになりますが、ゆっくりで良いのでハキハキと読む事を心がけましょう。

まずは見本を聞いてみてください。

外郎売

http://www.youtube.com/watch?v=ly8JOSu21cE

全文

拙者(せっしゃ)親方(おやかた)と申すは、 御立合(おたちあい)(うち)御存知(ごぞんじ)のお(かた)もござりま しょうが、お江戸を ()って二十里(にじゅうり) 上方(かみがた)相州(そうしゅう)小田原(おだわら) 一色町(いっしきまち)をお過ぎなされて、 青物町(あおものちょう)(のぼ)りへお() でなさるれば、欄干橋(らんかんばし) 虎屋藤右衛門(とらやとうえもん)只今(ただいま)剃髪(ていはつ) いたして円斎(えんさい)と名のりまする。

元朝(がんちょう)より大晦日(おおつごもり) まで、お手に入れまする()の薬は、昔、ちんの国の 唐人(とうじん)外郎(ういろう) という人、わが(ちょう)()たり、 (みかど)参内(さんだい)(おり)から、この薬を深く ()()き、 (もち)ゆる時は一粒(いちりゅう)づつ、 (かんむり)のすき()より 取出(とりいだ)す。

()ってその名を、(みかど) より「頂透香(とうちんこう)」と (たまわ)()る。

(すなわ)文字(もんじ)には、「いただき、すく、におい」と書いて「とうちんこう」と申す。

只今は()の薬、 (こと)(ほか) 世上(せじょう)(ひろ) まり、ほうぼうに似看板(にせかんばん)(いだ)し、イヤ、 小田原(おだわら)の、 灰俵(はいだわら)の、さん(だわら)の、 炭俵(すみだわら)のと、色々に申せども、 平仮名(ひらがな)()って「ういろう」と (しる)せしは親方円斎ばかり、もしやお 立合(たちあ)いの(うち)に、 熱海(あたみ)か、(とう)(さわ)湯治(とうじ)にお (いで)なさるか、(また)は、 伊勢(いせ)() 参宮(さんぐう)(おり)からは、必ず (かど)ちがいなされまするな。

(のぼ)りならば (みぎ)(かた)、 お(くだ)りならば左側(ひだりがわ)八方(はっぽう)()(むね)、 おもてが()(むね) 玉堂造(ぎょくどうづく)り、破風(はふ)には (きく)(きり)のとうの 御紋(ごもん)をご赦免(しゃめん)あって、 系図(けいず)正しき(くすり)でござる。

イヤ最前(さいぜん)より 家名(かめい)自慢(じまん) ばかり申しても、ご存知ない(かた)には、 正身(しょうしん)胡椒(こしょう)丸呑(まるのみ)白河夜船(しらかわよふね)、 さらば一粒(いちりゅう)たべかけて、 その気味合(きみあ)いをお目にかけましょう。

()() の薬を、かように一粒(いちりゅう) (した)の上にのせまして、 腹内(ふくない)(おさ)めますると、 イヤどうも()えぬは、 ()(しん)(はい)(かん)がすこやかに()って、 薫風(くんぷう) (のんど)より(きた)り、 口中(こうちゅう)微涼(びりょう)(しょう)ずるが(ごと)し、 魚鳥(ぎょちょう)、きのこ、麺類(めんるい)喰合(くいあわ)せ、その(ほか)万病速効(まんびょうそっこう)あること神の (ごと)し。

さて、この薬、第一の奇妙(きみょう)には、舌のまわることが、 (ぜに)独楽(ごま)がはだしで ()げる。

ひょっと舌がまわり()すと、 ()(たて)もたまらぬ じや(じゃ)

そりゃそりゃそらそりゃ、まわってきたは、(まわ)ってくるは、 アワヤ(のんど)、 サタラナ(ぜつ)に、 カ()歯音(しおん)、ハマの二つは (くちびる)軽重(けいちょう)開合(かいごう)さわやかに、アカサタナハマヤラワオコソトノホモヨロオ、 一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、(ぼん) まめ、盆(ごめ)、盆ごぼう、摘蓼(つみたで)、つみ (まめ)、つみ山椒(さんしょう)書写山(しょしゃざん)社僧正(しゃそうじょう)粉米(こごめ)のなまがみ、粉米のなまがみ、こん粉米のこなまがみ、 儒子(しゅす)緋儒子(ひじゅす)、儒子、 儒珍(しゅっちん)(おや)嘉兵衛(かへい)()も嘉兵衛、 親かへい子かへい、子かへい親かへい、ふる(ぐり)の木の 古切口(ふるきりぐち)雨がっぱか、 (ばん)合羽(がっぱ)か、 貴様(きさま)のきゃはんも皮脚絆(かわぎゃはん)我等(われら)がきゃはんも皮脚絆、 しつかは(しっかわ)(ばかま)のしっぽころびを、 三針(みはり)はりながに ちよと(ちょと)()うて、ぬうてちょとぶんだせ、 か()撫子(なでしこ)野石竹(のぜきちく)、のら如来(にょらい)、 のら如来、()のら如来に()のら如来、 一寸先(いっすんさき)のお 小仏(こぼとけ)に、おけつまづきやる(きゃる)な、 細溝(ほそみぞ)にどじょにょろり、 (きょう)生鱈(なまだら)奈良(なら)なま学鰹(まながつお)、ちょと 四五貫目(しごかんめ)、お茶立(ちゃた) ちょ、茶立ちょ、ちゃつ(ちゃっ)と立ちょ茶立ちょ、 青竹茶煎(あおだけちゃせん)で、お茶ちゃと立ちゃ。

()るは来るは、何が来る。

高野(こうや)(やま)のおこけら 小僧(こぞう)(たぬき)百匹、 (はし)ぜん、天目(てんもく)百ぱい、 (ぼう)八百本、武具(ぶぐ)馬具(ばぐ)、武具、馬具、()ぶぐばぐ、 (あわ)せて武具馬具()武具馬具、 (きく)(くり)、菊栗、 ()菊栗、合せて菊栗、()菊栗、 (むぎ)ごみ麦ごみ、()麦ごみ、合せて麦ごみ ()麦ごみ、あのなげしの(なが)なぎなたは、 ()がなげしの長薙刀(ながなぎなた) ぞ、向こうのごまがらは、()胡麻(ごま)がらか、 ()胡麻(ごま)がらか、あれこそほんの 真胡麻(まごま)がら、がらぴいがらぴい 風車(かざぐるま)、おきゃがれこぼし、おきゃがれこ 法師(ぼし)、ゆんべもこぼして又こぼした、たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、 ちりから、つったっぽ、たっぽだっぽ一丁(いっちょう)だこ、 ()ちたら()くを、 煮ても焼いても喰われぬものは、五徳(ごとく)(てっ)きゅう、かな(ぐま)どうじに、 石熊(いしぐま)石持(いしもち)虎熊(とらぐま)、虎きす、(なか)にも、 東寺(とうじ)羅生門(らしょうもん)には 茨城童子(いばらぎどうじ)がうで(ぐり) 五合(ごんごう)つかんでおむしゃる、 かの頼光(らいこう)のひざ (もと)()らず、 (ふな)、きんかん、椎茸(しいたけ)(さだ)めてごたんな、 そば()り、そうめん、うどんか、 愚鈍(ぐどん)小新発知(こしんぼち)小棚(こだな)の、小下(こした)の、 小桶(こおけ)に、こ味噌(みそ)が、こ ()るぞ、こ杓子(しゃくし)、 こもって、こすくって、こよこせ、おっと、がってんだ、 心得(こころえ)たんぼの、 川崎(かわさき)神奈川(かながわ)保土ヶ谷(ほどがや)戸塚(とつか)を、走って行けば、 やいとを()りむく、 三里(さんり)ばかりか、 藤沢(ふじさわ)平塚(ひらつか)大磯(おおいそ)がしや、 小磯(こいそ)宿(しゅく)を七つおきして、 早天(そうてん)そうそう、 相州小田原(そうしゅうおだわら)とうちんこう、 (かく)れござらぬ貴賎群衆(きせんぐんじゅ) の、花のお江戸の花う()ろう、あれあの花を見て、お心を、おや ()らぎやという、産子(うぶこ)()()(いた)るまで、 ()のうゐろうのご 評判(ひょうばん)、ご存知ないとは申されまいまいつぶり、 (つの)だせ、棒だせ、ぼうぼうまゆに、うす、 (きね)、すりばちばちばちぐゎらぐゎらぐゎらと、 羽目(はめ)をはずして今日(こんにち)()での何茂様(いづれもさま)に、 ()げねばならぬ、売らねばならぬと、 (いき)せい()っぱり、 東方(とうほう)世界の薬の元締(もとじめ)薬師如来(やくしにょらい)照覧(しょうらん) あれと、ホホ(うやま)って、う ()ろうは、いらっしゃりませぬか。

まとめ

外郎売の口上は、早口言葉が多く含まれているため、滑舌のトレーニングに使われます。
見本を参考に、ゆっくりで良いのでハキハキと読んでみましょう。

▲ページの先頭へ戻る
はじめに
練習法
1. 裏声の練習
2. チェストボイスの練習
3. ヘッドボイスの練習
4. ミドルボイスの練習
5. 腹式呼吸の練習
6. 滑舌の練習
7. ボーカルエクササイズ
ホイッスルボイスについて
喉頭筋について
外喉頭筋
内喉頭筋
Copyright© 2010-2016 れみぼいす All Rights Reserved.